自宅でバンド・サウンドを構築する方法

加茂フミヨシ式ギター・トレーニング by 加茂フミヨシ 2013年7月12日

今週もQ&Aです(このような質問は僕が執筆した本に付いているアンケートはがきや、僕のホームページに送られてきたものです)。今回はバンド・サウンドについてです。
Q:

スタジオに入ると曲の練習が中心になってしまい、バンド・サウンドをじっくり試す時間がありません。もし,自宅でバンド・サウンドで試せる方法があれば教えてください。

 

A:

インターネット&専用ソフトの活用を検討して見よう!

最近、僕もバンドを始めようと、いろいろ準備しているんですね(僕の今後のことについては、近いうちに発表出できればと思っています! さまざまな新しいことを始める予定です)。これから始めようとしているバンドは、各メンバーが忙しいこともあり、自宅でバンド・サウンドを作ることが多いんです。そこで活用しているのが、「NETDUETTO β (ネットデュエット・ベータ)」というヤマハが開発した無料ソフトです。このソフトとインターネット接続すよって、自宅にいながらバンド・メンバーと同時演奏することができます(同時演奏は4人までとなります)。これは便利ですよね。

 

注意点

ただ、この方法は、スタジオでのサウンドを完全再現できるわけではありません。オーディオ・インターフェイスによる音色変化、ネット接続のため演奏者との距離感の違いなどが出てきます。ですから、まったくスタジオに入らなくてもOKとはならないでしょう。

よって、NETDUETTO βでバンド・サウンドの方向性を固めておき、そのあと、実際にスタジオに入って仕上げをするという方法を試しすことをオススメします。

 

応用的な使い方

質問の内容とずれますが,NETDUETTO βは上記の使い方以外でも役立ちます。例えば、僕の場合、曲作りにも使っているんですね。スタジオで曲を構築していくと、時間的な制限が大きいため、アイディアも限られてしまう場合もあります。しかし、NETDUETTO βを使えば、忙しいメンバーとアイディアの共有も可能となりますから。

また、不特定の人とセッションしたりすることも可能です。地理的に離れていても、ネット環境が整っていればセッションができるのも魅力ですよね。

そして、近い将来、こういったソフトを使ったライヴも行なわれるかもしれません。このような未来に対応するためにも、今からNETDUETTO βに接しておくことは有益でしょう。

以上、参考になれば幸いです!

 

<前回 | 加茂フミヨシ式 一歩先を行くギター・トレーニング | 次回>

 

●●編集部よりお知らせ●●
〜『R.A.S.式ピッキング 速弾き攻略のための究極メソッド』発売中〜

加茂氏による新著『R.A.S.式ピッキング 速弾き攻略のための究極メソッド』が発売されました(Amazonでも購入可能)。詳しい商品内容は下記URLでご確認ください(試聴コーナー 、立ち読みコーナー、関連動画もあります)。
http://www.rittor-music.co.jp/books/12317205.html

加茂フミヨシ

加茂フミヨシ

超絶技巧ギタリスト/クリエイターとして活躍する。傍ら、最先端エレキ・ギター奏法の求道者としても、多くのヒット作教則本を発表。2011年に、スティーヴ・ヴァイがバークリー音楽大学で記録した“世界最大規模のオンライン・ギター・レッスン”のギネス世界記録に挑戦。ヴァイの“ギター・レッスン受講者4,455人”の記録を“8,776人”に更新し、イギリスのギネス・ワールド・レコーズより日本人ギタリストとして正式承認される。世界に名を刻んだエレキ・ギター界の伝道師である。



TUNECORE JAPAN