軽音楽部&サークル活性化セミナー(8)

加茂フミヨシ式ギター・トレーニング by 編集部 2009年11月6日

【第101回】スタジオでの練習後はミーティング!

先週はリハーサル・スタジオでの効率的な時間の過ごし方について述べました。ところで、みなさんはリハスタでの練習が終わったらどうしていますか? 僕としては、リハーサル・スタジオを出たらメンバーとファミレスなどに行って、練習の内容を振り返ったり、楽しい音楽の話をしたりで盛り上がってもらいたいですね! これは僕が一番好きだった活動でもあります。なお、こういう活動ばかりでなく、学校の課題もきちんとやるようにしてくださいね!!(汗)

リハーサル後の打ち合わせでバンドの可能性を広げよう!

このような場ではいろんな話をすることが可能です。例えば、ライブ当日の衣装はどうするか、MCのネタはどうするか、バンドのアンケート用紙(ライブが終わったあと、バンドマンがお客さんに配っていますよね)は誰が作るかなど。バンドがより良くなるためにはどうしたらいいか……ということを話し合ってみてください。

新曲の打ち合わせにもどうぞ

それから、初歩的なことですが、「新曲をやろう」ってなった時にどうするのか……という打ち合わせにも最適ですよね。既存の曲をコピーする場合、その新曲の音源と譜面について準備をしないといけません。そこで譜面はバンド・スコアを買うのか、耳コピーをして楽譜に書くのかなどの諸準備が必要です。その打ち合わせをしても良いでしょう。

著者のつぶやき

ひさびさのつぶやきです!

さて、先日のKelly Simonzさんとのギター・セッションは楽しんでいただけましたか? 今後も、対談企画は続けていきます。まず、「軽音楽部&サークル活性化セミナー」の一環として実際に軽音楽部の顧問をやられている先生と対談しました! まもなく公開されますので、お楽しみに!

それから、「著者たちの語らい」もまた新しいギタリストを招いて対談&ギター・セッションを予定しています。沢山の企画が続きますので、楽しみにしていてください!!

<前回 | 加茂フミヨシ式 一歩先を行くギター・トレーニング | 次回>


【編集部より】

当サイト内の「加茂フミヨシ式 一歩先を行くギター・トレーニング」の目次ページでは、各記事がカテゴリ(レギュラー/著者たちの語らい/軽音楽部&サークル活性化セミナー/読者からの質問)を問わず新着順に並んでおりますが、カテゴリごとに読みたい方は、加茂氏の公式サイト内の目次ページからアクセスしてください。

 

加茂フミヨシ

加茂フミヨシ

超絶技巧ギタリスト/クリエイターとして活躍する。傍ら、最先端エレキ・ギター奏法の求道者としても、多くのヒット作教則本を発表。2011年に、スティーヴ・ヴァイがバークリー音楽大学で記録した“世界最大規模のオンライン・ギター・レッスン”のギネス世界記録に挑戦。ヴァイの“ギター・レッスン受講者4,455人”の記録を“8,776人”に更新し、イギリスのギネス・ワールド・レコーズより日本人ギタリストとして正式承認される。世界に名を刻んだエレキ・ギター界の伝道師である。



TUNECORE JAPAN