続・トニック、サブドミナント、ドミナントとは?/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第28回

指板図くんのギター・コード講座 by 編集部 2011年1月11日

前回に続き、トニック、サブドミナント、ドミナントをテーマとします。

はじめに

今日の最後の方に、トニック、サブドミナント、ドミナントの組み合わせによる様々なコード進行を簡単に試すことができる「音の鳴る指板図」を用意しました。どうか最後までおつきあいください。

ダイアトニック・コードを、トニック、サブドミナント、ドミナントの3種に分類する

前回はCのキーのダイアトニック・コードを示し、そのうちのCとC△7が「トニック」、FとF△7が「サブドミナント」、GとG7が「ドミナント」である、と説明しました。

では、残りのDm、Em、Am、Bm(♭5)、Dm7、Em7、Am7、Bm7(♭5)は一体何なのか?という疑問が生じると思いますが、これらのコードも、トニック、サブドミナント、ドミナントのいずれかのグループに分類できます。

2通りの図で示しましょう。

ごらんのとおり、Em、Em7、Am、Am7はCやC△7と同様にトニックのグループ、Dm、Dm7はFやF△7と同様にサブドミナントのグループ、Bm(♭5)、Bm7(♭5)はGやG7と同様にドミナントのグループになります。

なぜこのように分類されるのかを簡単に言うと、それは構成音の共通性によります。

まず、Em、Em7、Am、Am7は、トニックであるCまたはC△7と共通の構成音が多いため、トニックのグループに分類されます。次の譜面の赤い音符が共通する構成音です。

このように、三和音では3つの構成音のうち2つが、四和音では4つの構成音のうち3つまでが共通しているわけです。なおAmとAm7は、CおよびC△7との共通音がわかりやすいように転回形で書きました。

同様に、DmとDm7は、FまたはF△7と共通の構成音を多く持つので、サブドミナントに分類されます。

同じようにBm(♭5)、Bm7(♭5)は、GまたはG7と共通の構成音を多く持つため、ドミナントのグループになります。

メジャー系のコードとマイナー系のコードが同じグループに属する、ということに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、コード名にとらわれず構成音に着目すれば、同じグループ内のコード同士が「似ている」ことに納得していただけるでしょう。特にAm7は、構成音はそのままでルートをC(ド)にするとコード名はC6になります。C6はCやC△7に似ているでしょ?

主要コードと代理コード

「主要コード」と「代理コード」という用語について簡単に説明しておきます。

「主要コード」とは、Cのダイアトニック・コードでいえば、C、F、GおよびC△7、F△7、G7のことです。

一方、Cのダイアトニック・コードのうち、残りのものは「主要コードを代理する機能がある」という意味合いで「代理コード」と呼ばれます。関係は次の表のとおりです。

  主要コード 代理コード
トニック C、C△7 Em、Em7、Am、Am7
サブドミナント F、F△7 Dm、Dm7
ドミナント G、 G7 Bm(♭5)、Bm7(♭5)

なお、「代理コード」という言葉を誤解して、「Fが押さえられない俺は、Dmを押さえればよいのか!」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、そういう意味の「代理」ではありません。まあ、キーがCのコード進行においてFとDmは同じサブドミナントの機能を持つわけですし、構成音が共通な部分も多いため、両者の響きは近いと言えば近いのですが、とりあえず自分がコピーしている曲に出てくるFコードを全部Dmに変えて弾いてもよい、とかいうことではまったくありませんので、ご注意を。

代理コードの概念は、主には作曲やアレンジのときに役立つと思います。たとえば、「C-C-F-G7-C」というコード進行で曲を作り始めたんだけど少し違う雰囲気に変えたいな、とか思ったときに、2つめのCをその代理コードであるEm7に、また3つめのFをDm7に変更すれば、「C-Em7-Dm7-G7-C」というコード進行が出来上がります。・・・もっとも、アレンジ後のコード進行が、すでに作ったメロディにマッチするかどうかはケースバイケースですが。

トニック、サブドミナント、ドミナントを意識しながらコード進行を作ってみよう

では、今日覚えたことを踏まえて、「音の鳴る指板図」でトニック、サブドミナント、ドミナントの組み合わせによるコード進行を作ってみてください。

今日、以下で示す「音の鳴る指板図」は、次の図のように上段がトニック、中段がサブドミナント、下段がドミナントになっています。また左側に主要コードを、右側に代理コードを配置しました。またここで、トニック、サブドミナント、ドミナントが、それぞれT、SD、Dと略記されることも覚えてください。

▼これは参考用の静止画像です。「音の鳴る指板図」は下にあります。

そして次の「音の鳴る指板図」で、例えば「上段→中段→下段→上段」という順で各段のいずれかのコードをクリックすれば(例:C→F→G7→C)、それは「T→SD→D→T」という流れになります。また、同じ「T→SD→D→T」でも、代理コードを織り交ぜることで、さまざまなパターンを作ることができます(例:C→Dm→G7→Em)。いろいろと試してみてください。

▼音の鳴る指板図です。ロード完了後、♪ボタンをクリックすると音が鳴ります。

※音の鳴る指板図はFlashで作られているため、お使いの環境によっては表示されません。ご了承ください。

なお、ひとつ注意点です。ドミナント・コードは4つありますが、なるべくG7を使うようにしてください。理由は、三和音のGよりも短7度も含む四和音のG7の方がドミナント・コードとしての性格は強く出るからです。また、Bm(♭5)は実際の曲にはあまり使われず、Bm7(♭5)も少し使いどころが難しいコードだからです。

コード進行例

最後に、コード進行の例も少し挙げておきます。音の鳴る指板図で試してみてください。

→「音の鳴る指板図」を別ウィンドウまたは別タブで表示しておく

C→G7→C(T→D→T)

小学生時代の「起立→礼→着席」を思い出させるコード進行です。

F→C(SD→T)

賛美歌の最後の「アーメン」ぽくなります。実際に「アーメン終止」という名も付いています。

C→F→G→C(T→SD→D→T)
C→F→G7→C(T→SD→D→T)

この2つを比較してみてください。どちらもT→SD→D→Tですが、3つめでGを使うよりもG7を使った方が、最後のCで強い「着地感」が得られると思います。G7にはトライトーン(三全音=増4度)という不協和なハーモニーが含まれているため不安定感が強く、そこから安定した響きを持つCに進むことで、より強い終止感が得られるからです。

C→F→G7→C(T→SD→D→T)
C→F→G7→Em(もしくはAm)(T→SD→D→T)

どちらもT→SD→D→Tです。最後がCだと普通に終わった感じになりますが、最後が代理コードのEmもしくはAmだと、予想を少し裏切る悲しい印象になります。

C→F→G7→C(T→SD→D→T)
C△7→F△7→G7→C△7(T→SD→D→T)

これらもT→SD→D→Tです。前者は三和音主体でシンプルな感じ、後者は四和音主体でおしゃれな感じになります。

F△7→G7→C△7(SD→D→T)
Dm7→G7→C△7(SD→D→T)

どちらもSD→D→Tですが、前者はIV-V-Iで、後者はIVの代理にIIを使ったII-V-Iです。II-Vの部分は「ツー・ファイブ」と呼ばれます。ジャズ・ファンにはお馴染みでしょう。

F△7→Em7→Dm7→C△7(SD→T→SD→T)

ドミナントがまったく登場しない進行です。C△7からF△7に戻って延々と繰り返すこともできます。

今日はここまで。

前回 | 次回 | 目次

TUNECORE JAPAN