『TB Resuscitation』Hardfloor(1993)

テクノの名盤 by 佐久間英夫 by 編集部 2010年10月18日

ジャーマンテクノ界のオール阪神巨人Oliver Bondzio & Ramon ZenkerによるユニットHardfloorが、1993年にSven VathによるHarthouseレーベルから発表した傑作ファーストアルバム。当時はブームが下火になっていたアシッドハウスを新たなる手法で蘇らせたエポックメイキング的な内容。
オーバードライヴのかかったTB303、ブレイクでフィルインしていくスネア・ドラムの連打など、今となっては当たり前の手法だが元々はHardfloorが世に広めたといってもよいテクニックだ。彼らの名を一気に広めたのは1992年に発表された名曲「Acperience」。DJ Pierre的なワイルドピッチスタイルでジワジワと音が重なっていく展開は、クラブでの効果絶大で爆発的なヒットとなった。
その大ヒットの反動か、数年後には彼らの人気も徐々に衰えていくことに。しかしながら現在も独自の一貫したスタイルを続ける彼らならではのアシッドサウンドは、ここ数年で再評価の機運が高まってきているようだ。

TUNECORE JAPAN