第20回『水道水も焼けば立派な料理だ!』mascotboyインタビュー

SEX山口のなんだチミは!? by SEX山口 2014年10月28日

TOP

連載ジャスト20回目となる『SEX山口のなんだチミは!?』。鈴虫の羽根の色が子守唄に……なるどころか、自然がいっぱいの神奈川シーサイドでは逆にうるさくて寝れないほど。そ~んな秋の夜長にはうってつけの読み物であるかないかは別として、皆さんこんばんみ、SEX山口です。ありがとうございます。

今回、ご登場願う超人は――2014年夏、立ち上げから2週年を迎えたアーバンでシティ、でもって犬なアパレルブランド、『MAS.』のデザイナー&雑務全般(経理は別人らしい)、そして代表取締役でもある、酩酊ネットサーファー兼デザイナーことmascotboy氏でございます。
己の脳内アーカイブを物に落としこみ、独自のやり方で販路を開拓してきた男…。満を持して登場…というか、やるなら今であろうと思った次第です。

鋭角なサンプリング目線が見え隠れするも、ポップで嘘のないmascotboy氏の粋な制作物/グラフィック。 ひと目で惚れ込んでしまい、セク山の気まぐれアパレルブランド『S.E.X.Y. by NAOKI YAMAGUCHI』のグラフィック制作はすべてmascotboy氏の手によるもの。“決してカッコいいだけではないデザインとアイデア”を必ず提供してくれる頼れる存在。セク山超ラクチン!!!!!! いや、ラクチンってのは嘘になりますけれども、企画会議の段階でバシっとフィットし、ガーサスなサンプリングセンスが多いのは確かであります。たぶん、見てきたTV番組とか雑誌とか、駄菓子屋で買う駄菓子とか似てるんだろうなぁ、とか思う感じ。

で、mascotboy氏の作品って実際どんなよ?ってことになると思うので、軽く画像でご紹介。
A-01
ショップロゴやフライヤー、販促グッズなどのグラフィックの一部。

 

A-02
左:テンテンコ嬢 右:ファーストサマーウイカ嬢(BILLIE IDLE)

 

DVC00014.JPG
左上:BIM&VAVA(C.D.S.) 左下:ホンマカズキ 右:DJみそしるとMCごはん

ただのイカツイ酒乱のおじさんなんかじゃないでしょ? でもまぁ、イカツイ酒乱のおじさんでもあるんだけどね! アハハ!
ともあれそんな感ずで、ここ最近は傍から見てても多忙を極め、比較的まともな人間になりつつあるmascotboy氏。昨今、自身の今後を左右するであろうと思われる2つのトピックをぶち上げたのだ。
去る、8月14日~18日までの4日間、大阪の西側・北堀江に位置する、アートギャラリー『Kelp』にて『MAS.』2周年記念POP UP SHOPを開催。日本全国からブランドのファンが集まり、大成功を収めた。
さらにめでたいことに、人生のパートナーと固い契を交わし、関西のとあるシティに愛の巣を設けたとの情報をインスタグラム経由でキャッチ。「おいおい! まともになっちまうのかよ!」とは面と向かって言えませんが、いてもたってもいられなくなりまして、その愛の巣へ突撃取材に行って参りましたので、その一部始終をどうぞ! 人って変わるんだぜ! アハハ!

 

ーー関西のとあるシティ。夜景に映えるオフィスビル群の照明と車のヘッドライトが交差するアーバンな駅前交差点。時刻は19時。待ち合わせ場所にmascotさん到着。

SEX山口:ちょっと、ちょっとちょっと! なんだか都会じゃないですか!『MAS.』儲かってますね!

mascotboy:いやいや「儲かる話もローカルにあらず」すよ!

SEX山口:なにを言ってるのかわからないですけど、今日はインタビューなのですよ。

mascotboy:はいはい。

SEX山口:なので、とりあえずアルコールなしでお願いできますかね?

mascotboy:じゃあ、とりあえずビールと肴でも買ってから家に行きましょう。

SEX山口:まったく話が通じないですね。わかりました。郷に入れば郷に従えに従います。

ーーさっそくmascot節をハズさないmascotさん。缶ビール6本パックとちょっと気の利いたオシャレめの缶詰を購入し、新居という愛の巣へ向かった。

SEX山口:お邪魔します! うわっ! さっそく出た! スニーカーの壁!

B-01

mascotboy:最近はおじさんらしく、向こう企画のCONVERSEやVANSの「見た目は変わらないのに履き心地が良くなってるやつ」とかadidas、PUMAのCLASSICSなのが気になりますね。何周したかわかりませんが、感覚的には何となく20年前ぐらいに戻ってきてますね。

SEX山口:FacebookやInstagramで「天気がいいので下ろしました」っていうmascotさんのポストするスニーカー画像をよく見ますけど、この状況に奥様は嫌な顔しませんか?

mascotboy:靴を買うのが唯一の趣味ですからね。最近はおこづかいで買ってるのであまり嫌な顔されなくなりました。

ーー恐らく、1足ぐらい無くなってもわからないだろうから、帰り際にガメてやろうかと思いましたがサイズがでかいので断念。とりあえずビールをキメつつ、まずは近況を訊いてみた。

SEX山口:乾杯っす~! ご結婚&『MAS.』2周年おめでとうございます。プライベートな話で恐縮なんですけど、“mascotboy結婚”の事実が衝撃的過ぎて、まだ飲み込めない人が多数いると思うのです。言える範囲でコメントいただけますか?

mascotboy:言えること以外は言えないんですが、よく聞く「紙切れ一枚」ってやつでしたね。サクッと。

SEX山口:結婚して変わったことは?

mascotboy:「おこづかい制導入」ですかね(笑)。あと、基本ノーアクセ派なので指輪を付けての生活に慣れないですね。

SEX山口:あ~、指輪ですね。これを見てやっと「mascotさん結婚したんだなぁ~」って、じんわりと実感が出てきましたよ。無くしたり、売っぱらったりしないようにホント気を付けて欲しいです。

mascotboy:いわゆる給料の?ヶ月分てやつなんで、常に指に爆弾ハメてる気分で生活してますよ!

SEX山口:結婚の噂を耳にしたmascotさんを知る僕のボンクラ友人たち、まぁ勝手にmascotさんのことを先輩と思っている無職&限りなく無職に近かったりする酒好きの野郎たちが「マスコさん、このままマトモになってしまったらどうしよう…」って本気でボヤいてましたよ(笑)。

mascotboy:「なんだバカヤロウ」って返しておいてよ。

SEX山口荒井注ですね。「なんだバカヤロウ」って、さすがに古いですよmascotさん。

mascotboy:「This is a pen.」ってのもあるよね。

SEX山口:ありますけどもういいです。では次に『MAS.』について。そもそも、自身のブランドを始めたきっかけ、というか、今までやってきた仕事なんかも絡めつつ教えていただけると。

mascotboy:元々は20代前半の頃、周りの芸大生の友人(井口弘史くんとか)の影響と藤井フミヤさんがフミヤートをやられていた頃に何かで読んだのですが「Macが家にあったらカッコイイ」を真に受けて。それだけの理由でMac購入に至りました。ちなみにMy first Macは『Power Macintosh 7600』。

SEX山口:7600だったのですね。G3登場前、つまるところiMac発売前夜でありますな。

mascotboy:当時、部屋に机が無かったので床置きにして、イラレ(5.5)も独学でとにかく絵を書いたりしてましたね。「KPTカッケー!」とか(KPT vector effects:3D効果に特化したイラストレータのプラグイン)。CDJもインターネットもまだない時代ですからね。

SEX山口:この時にイラストレータやフォトショップなどをメインで使って仕事していた人たちとはだいたいすぐに友達になれちゃう気がしますね。昨今のマシンと違って、保存を忘れて調子ぶっこいて重~いデータとか作り込んでいると突然固まる。「電源落とすしかないぜメーン」という悲劇がたびたび訪れる。お陰様で「コマンド+S(保存のショートカット)」だけはコマメにやるようになりましたけどね(笑)。

mascotboy:その後はセク山さん同様、どうにか入った会社のデザイン部で風俗雑誌と地方ファッション誌の“ダブルファッション誌”ほぼ毎日徹夜で作る日々を送っていたりしていましたね。

SEX山口:担当編集者がどんな誌面にしたいのかラフを描いて、スタジオ押さえてモデルの手配、カメラマンが写真を撮って、ライターが文字を書いて素材集めは終了。あとはデザイナーに全部投げて上がり待ち……なのですが! 進行表を確認すると印刷所への入稿日、つまり、誌面の完全データを印刷所に届ける日はとっくに過ぎていたりするんですよね。

mascotboy:あるある。最悪のパターンだよね、ソレ。

SEX山口:このような業界にはだいたい本当の入稿日っていうのがね。「明日の朝までになんとか!」とか「今日の0時までになんとか!」などと告げられてきたワケです。「できるかボケ!」って言いながらも…、結果やっちゃう。時間のシワ寄せに耐え、レイアウトを構築していくのが「エディトリアルデザイナー/DTPデザイナー/オペレーター」であり、我々の前職でありますな。これだけは断言できます。この職業オススメしません! 勉強にはなったけど。

mascotboy:うん。勉強にはなったけどね。でもって、エキサイト掲示板で知り合った友人の友人の紹介で某日本印刷に入りまして、数年働き、他のデザイン事務所で働いたりして29歳で独立しました。

SEX山口:あ、印刷も。僕は特色(CMYK以外の特別な色)の仕組みを勉強したり、工場見学は何回かさせてもらったことがあるけど、印刷現場も仕事として経験してるっていうのは非常にうらやましいです。独立後、最初はなにを?

mascotboy:最初は食うために旅行パンフや宝石屋の絵、挿絵など何でもやってましたよ。実はその頃も地元で服のブランドを自分でやってたこともありまして、若気の至りONLYの甘い考えのみで培ったノウハウを活かし2012年より『MAS.』という名前で色々と物作りをしています。

B-02

SEX山口:この夏、大阪は北堀江のアートギャラリー『Kelp』にて4日間、2周年を記念したPOP UP SHOP『〼〼(ますます)』を開催されました。主宰者としてお訊きしたいのですが、このタイミングでPOP UP SHOPを開催した意味とは?

mascotboy:大阪に移り住んでちょうど2年が経ち「そろそろ何かやらないと」な感が高まってた時に、たまたま『Kelp』からお話を頂いて。『MAS.』の2年目だから『〼〼』と安易なんですが。お盆時期だったので、夏休みの宿題と言いますか「ますます頑張っていかないと」と自分に言い聞かせるアレも込めて。

SEX山口:関西のみでの開催ということで、僕も含めなんですけど、行きたくても行けなかった人も多かったんじゃないかと。実際どんなことをやったのか詳しく教えていただけますでしょうか?

mascotboy:前々から「いつか何かご一緒にしたいですね」とお話させてもらったのを真に受け、半ば強引にすごい皆様とコラボレーションさせていただきました。『omomma』こと大原大次さんには“コトバッジ(〼の字ver.)”を。『CYDERHOUSE』のUGくんとは“ZOMBIE CAP”をリエディットしました。

B-03

mascotboy:あと、昔からファンであり酒友達のイラストレーター・鈴木裕之くんにはどうしてもイラストを書いて欲しくって。半年以上ラブコールを送り続け、その絵がTシャツとなり実現しました。

B-04

mascotboy:でもって、いつの間にか『MAS.』の代名詞的となった帽子類を「現実世界の実店舗で自分の手で接客販売したいな」と思いまして。

B-05

SEX山口:昨今の流行りは「リアル現実」ですからね。続けてください。

mascotboy:店内のBGMはラジカセを2台置いて片方からは“リズムのある音楽”、もう片方からは“波、風鈴、ひぐらしなどの音”をかけました。カセットテープの音の質感が気分だったので、かけたい音を一度CDに焼き、それをカセットテープに落とすという。この作業が懐かしくも「ちょっと前までは普通だったよナァ」と。

SEX山口:そのラジカセがこちらですね。

DVC00014.JPG

mascotboy:今は亡きSANYOの『ROBO』というシリーズの物なんですが、SONYの『MY FIRST SONY』シリーズの亜流といいますか。イケてるキッズ向けのアレやコレが、わりと狂ったカラーと渋いデザインで精神B-BOYなおじさんのハートをくすぐるワケです。シリーズ後期にはコタツまでリリースされてたようです。

SEX山口:コタツって! あ、このラジカセ、マイクがちゃんと生きてる! mascotさん、これで毎晩ビートボックスの練習ができますね!

mascotboy:嫁さんの朝が早いので死んでもできません! でね、サウンドトラックも10年来の友人であり、最近はJUKEなどで話題の男、食品まつり a.k.a foodmanに作ってもらいました。セク山さんにこの会期の為だけに作ってもらったMIXもお陰様で大好評でしたよ! ありがとうございました!

SEX山口:いえいえ。ジャケがまたCawaii感じでナイスでございました。ところで、3周年は大阪と東京とロンドンで考えているとか?

mascotboy:会期中はお盆休みということもあり、北は山形、新潟、東京、一番遠いのはロンドンからもお客様が来てくれてとても嬉しかったです。東京は需要あるか分かりませんが、是非やりたいですね。そして、まだ少し先なんですが12月6(土)&7(日)の二日間、大阪の人気ブランド『MMGSK』と『MAS.』共同でこれまた『Kelp』にてPOP UP SHOP『MOM』を開催します。会場限定販売のアレコレを色々仕込んでおりますので楽しみにしていてください。

ーービールが底をつきそうになった21時過ぎ「いい感じにお腹も空いてきたし、そろそろダフトパンク師匠に会いに行きますか~!」ということで、UBこと、うなぎバターの大ブレイクで湧く、我らの寿司ホーム『じねん 鰻谷南通り店』へ移動することになった。 ※ダフトパンク師匠とは我々だけが呼び合うヒミツのワード。板前さん2名のことを指す。

B-07

SEX山口:やっぱり来ちゃいました『じねん』。ここからはお寿司をほうばりながらのインタビューになります。一問一答スタイルにしちゃおうかなと。『MAS.』2周年なのでキリのいい20の質問いきます!

mascotboy:バッチコ~イ。

 

 

mascotboyへの20の質問

 

質問01:好きなお寿司は?

mascotboy:サーモン系全般。

質問02:自身から見て、今のmascotboyは何屋さんと言えますか?

mascotboy:基本デザイン屋なんですが、ドンキ・ホーテみたいな感覚でしょうか。

質問03:小学生の時にハマったいろいろを教えてください。ハマったTV番組でも駄菓子でも何でもOKです。

mascotboyGAME&WATCHまじゃんりんこビックリマンSD(スーパー・ディフォルメ)全般テレコマ戦士チョロQパーティジョイシリーズ、後はやっぱりファミコンですね。『スターソルジャー』の全国キャラバンで高橋名人からバッジもらった事あります。あと『いっき』の箱の絵は友人の南くんのお父さんの仕事です。テレビは3歳から『8時だョ!全員集合』派です。途中『オレたちひょうきん族』行くんですが、やっぱり『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』に戻りました。以前、宇川さんが言ってたんですがYouTubeの元祖は「おもしろビデオコーナー」だって。当時ビデオカメラを視聴者に貸し出してたのヤバいでしょ。駄菓子はうまい棒のチョコ味が最近はかなり短くなりましたが未だに好きですね。

質問04:ディズニーキャラクターで1番好きなキャラクターは?

mascotboyくまのプーさん

質問05:藤子不二雄キャラクターで1番好きなキャラクターは?

mascotboy:悩みますが…、1巻のドラえもん。F先生派です。

質問06:mascotboyが選ぶ、フェイバリット犬種とその理由を教えてください。

mascotboy:飼いたいのは私の諸々のアイコンの犬種、ビションフリーゼ。あとはシーズーが好きです。毛がモサモサして目が隠れてるような小型犬が好きですね。

質問07:DJもなされるmascotさんですが、音楽に目覚めた1曲(1枚)があるとすれば?

mascotboy:月並みですがリアルタイムでくらったアルバムはBeastie Boysの『Check Your Head』。当時、PVに出てくる格好は一通り真似しました。

質問08:最近買ったレコード/CDは?

mascotboy:レコードは最近だといろいろとデザインもさせていただいている、大阪堀江系ガールズグループ、Especiaの“GUSTO”って曲の7inch。CDは「待ってました!」のCHERRYBOY FUNCTIONの『suggested function EP#3』。

質問09:好きな食べものと苦手な食べものは?

mascotboy:好きなのはラーメン、カレー、寿司、苦手なのは牛乳とホワイトクリーム系全般ダメです。

質問10:セク山が好きな“mascotboy伝説”の1つに“焼き水道水”という伝説の料理の話があります。ご披露願えますでしょうか。

mascotboy:名古屋での独り暮らし時代、本当に食べ物が米しかない時があって。醤油や塩をかけて食べるのはどうしても嫌で(貧乏なクセに)、確か3日間なにも食べておらず、気づいたらフライパンに水道水を入れて焼いてたという。無で。「水道水も焼けば立派な料理だ!」「焼き水道水定食だ!」みたいな、今考えると相当ヤバいトコロまでいってましたね。その後、“水道水炒め”やお酒として嗜む“水道水の水割り”なども産み出されましたね。

質問11:mascotboyが選ぶ「超かっこいいスニーカー3種」とその理由を教えてください。

mascotboy:adidas/SUPERSTAR。VANS/OLDSKOOL。CONVERSE/ALLSTAR。20数年色々履いてきましたが、この3足は未だに定期的に買い続けてます。

質問12:今、謝りたい人はいますか? いたら謝ってもらっても結構です。

mascotboy:WEBではアレなんで、現実で会って謝ります。

質問13:この人はすごい!と思う人を思いつくまま挙げてください。

mascotboy:基本自分以外は皆すごいと思ってるのですが(本当に)。高校生の頃からお世話になりまくった地元の先輩の細谷さん(現PEEL&LIFT)、井口弘史くん、オリジナルILLDOZERの石黒くん&阿部くん。永遠に変わることのないマイアイドルは山塚EYEさんです。

質問14:人生のターニングポイントは?

mascotboy:裏原バブル時に売れそうな物をすべて売って、そのお金でMacを買ったこと。

質問15:人生最大のピンチは?

mascotboy焼き水道水の頃ですね。

質問16:生まれ変わったら?

mascotboy:ジャニーズ。

質問17:フリーで、またはインディペンデントな活動を仕事として続けるうえで、いちばん大事なことは何でしょう?

mascotboy:極論で言うと「ダサくならないように」。

質問18:仕事って何でしょう?

mascotboy:何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。

質問19:お金って何でしょう?

mascotboy:交換の道具。

質問20:それでは最後に、日本の国民のみなさんにメッセージをお願いします。

mascotboy続きは現実で。

 

SEXCITY ~大阪~

2014年11月8日(土)  at club STOMP
Open&Start 22:00
Entrance Fee ¥2,000
sexcity_flyer

〈出演〉GUEST LIVE:BASI(韻シスト/BASIC MUSIC)
DJ:SEX山口、M.Hisataakaa、mascotboy、森光光子、ワタナベ(子役)
VJ:ホンマカズキ
MYSTERIOUS LIVE:TOSHIHIRO

 

mascotboy

mascotboy_photo
イベントじゃなくあくまでもパーティー!な【SEXCITY】でDJする傍ら、数々のパーティーのコーディネート&フライヤー・ デザインを手掛ける。2012春夏より自身がデザインするファッション・ブランド【MAS.】を始動。2014年からは【MIXX BEAUTY WEST】にレギュラーDJとして参加。シティポップ愛好家、犬派。
http://mascotboy.flavors.me

MAS.
Web Shop :  http://urbanlife.thebase.in/


Twitter : https://twitter.com/Mas_Apparel


tumblr : http://mas-netshop.tumblr.com

SEX山口

SEX山口

1976年生まれ、神奈川県出身のメガネをかけた牡羊座。幼少時に観たM.J.のパフォーマンスに多大なる影響を受け、小2で“ムーンウォーク”を習得。と当時に、たけし軍団や志村けん、とんねるずといった“ハードかつタイトな東京のお笑い”への尊敬と憧れを現在までKeep Onし続ける。最近はやたらしゃべるディスクジョッキーとして日本各所でメイクサムノイズしつつ、音楽専門誌・web等で小粋な執筆もちょろちょろ。自身のトレンディーアパレルブランド「S.E.X.Y. by NAOKI YAMAGUCHI」のアイテムや危ないおMIX CDも随時デリバリーしております。あと、宇多田ヒカルが大好き。



TUNECORE JAPAN