ウラを感じてリズム自由自在!/MI Japan ドラム・クリニック

MI JAPANドラム・クリニック by 舛岡圭司 2011年12月28日

LAハリウッドに本校を構える世界最大級のミュージック・スクール、Musicians Institute(MI)と直結した独自のカリキュラムで充実した授業を行い、数多くのミュージシャンを排出しているMI JAPAN。経験と実力を兼ね備えた講師陣のレッスンが魅力の本校レギュラー講師が、その授業の一部を誌上クリニックとして公開するこのコーナー。今月はMI JAPAN東京校講師の舛岡圭司(ますおかけいじ)氏が、ウラ拍を意識したエクササイズをレクチャーする。日頃、MI JAPANでどのような授業が行われているかを体験しつつ、とりかかってみよう。

はじめに

ドラマーのみなさん、こんにちは。MI JAPAN東京校PIT科講師の舛岡圭司です。今回のテーマは『”ウラ”を感じてリズム自由自在!』と大胆に題してますが、大げさには言ってません。ウラ を制するものは世界を制す!ではなく、リズムを制すのです!

まあジャンルにもよりますが、曲中でドラムがプレイするのは8割方リズム・パターンですよね? もちろん、ゴキゲンで手数、足数の多いフィルも大切ですが、リズムよれよれのドラマーは最悪です。いくら手足が速く動いても、安定したリズムを叩け ないドラマーは残念なドラマーなのです。

今回はウラを意識する最初のステップから、簡単なリズムを使っての練習方法も紹介していきますので、初心者ドラ マーもぜひチャレンジしてみてくださいね! それではさっそくLESSON1から始めてみましょう。

【MI×ドラマガ】OPEN HOUSE/舛岡圭司「ウラを感じてリズム自由自在!」

LESSON1

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_12_score_1

まずはウラ拍を声に出してみましょう。リズムはどんなパターンでも構いません。例えば、Ex-1a。叩きながらアクセント・マークの位置で声を出してみましょう。「あっ!」でも「おぅ!」でも何でも良いです。声を出せない状況であれば頭の中だけでも大丈夫です。意識することが大事です。慣れてきたらEx-1b〜Ex-1dと進んでいきます。また、ライドのカップをウラでカンカン叩いてみるなど、自分の声に合わせてハイハットやライドにアクセントをつける練習もやってみてください。

LESSON2

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_12_score_2

続いては、メトロノームを使ったエクササイズです。Ex-2aはメトロノームを4分音符で鳴らし、その4分音符が8分音符のウラにきているように感じとる練習です。自分で4分音符のカウントを叩いて、そのウラにメトロノームが鳴るようにするわけですね。オモテとウラをひっくり返すのはコツがいります。最初は慣れるまで大変だと思いますが繰り返しやってみましょう。日本ではウラを歌うときは「いっとー、にーとー、さんとー、しーとー……」が一般的だと思いますが、海外では「ONE and、TWO and、THREE and、FOURand……」です。どちらでも良いですが、メトロノームに合わせて日本語なら「とー」、英語なら「and」から歌ってみます(EX-2b)。するとメトロノームがウラに来ています! この感じを何回かやってみて慣れてください。

LESSON3

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_12_score_3-thumb-600x277-46639

ここではLESSON2と同様、ウラで鳴っているメトロノームに合わせて8ビートを叩いてみます。テンポはBPM=70くらいからじっくりと確実に叩いてみてください。慣れてきたら速くしてみたり遅くしてみたりと、さまざまなテンポで練習してみると良いと思いますが、最初はできるだけゆっくりなテンポにして、時間をかけましょう。Ex-3a〜Ex-3dは、LESSON1で紹介したEx-1a〜Ex-1dと同じ譜面ですが、ウラで鳴ってるメトロノームを感じながらプレイしてみてください。また、4小節、8小節単位でフィルを挟んでみるのも良いでしょう。BPM=70からBPM=100くらいのバラードからミディアムくらいのテンポ感が一番難しいと思いますので、重点的に練習してみましょう。慣れてきたらEx-3e〜Ex-3jの16ビート系にも挑戦してみてください。

LESSON4

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_12_score_4

最後にメトロノームを16分音符ウラ拍にして叩いてみましょう。こちらもこれまでのエクササイズと同様、最初に慣れが必要ですが、ポイントとしては、最初にBPM=140くらいでメトロノームを8分音符のウラにします(Ex-4a)。その状態で8ビートを叩き、自分の中でテンポが安定してきたらハーフ・タイムにチェンジします(EX-4b)。するとBPM=70での16分音符ウラ拍が鳴っている状態になりますよね(EX-4c)。そして、そこから16ビートのパターンを叩いてみます(Ex-4d〜Ex-4g)。このテンポなら片手で16分を刻む形で良いでしょう。ここは少し難しいので、テンポ・アップはじっくりと行ってください。

最後に

さて、みなさん、いかがだったでしょうか? 今回紹介した練習方法は、どんなリズムにも当てはめることができますので、どんどん試してみてください。”ウラを感じる”のは歩きながらでも、どこでもいつでもできる練習方法です。僕もアマチュアの頃は、難解なフレーズや難しいリズム・パターンをプレイすることばかり考えていました。もちろんそれはとても大事なことですが、実際にプロ・ドラマーになって演奏するようになり、もっと優先しなければいけないことがたくさんあることに気づかされました。このような基本ができて、初めてリズムの前ノリ、後ノリなどの応用に発展していけるのだと思います。今回のレッスンがみなさんのドラミング向上につながり、より音楽を楽しめるようになればうれしいです。ありがとうございました。

舛岡圭司(ますおかけいじ)プロフィールmi_dm_2011_12_instructor

高校卒業と共に東原力哉氏に師事。23才で単身上京し一年間、島村英二氏に師事する。 その後、現在に至るまで数々のライブレコーディングに参加している。

主なLIVE・Recording サポート:
aiko、河辺千恵子、Sads、De+LAX、KAB.、京田未歩、茂木ミユキ、大木彩乃、みつき、michelle143、MAY、高橋瞳、森翼、JIMANG、城南海、笹川美和、平野綾、BLACK VELVET、斎賀みつき、スフィア etc <順不同>

公式サイト:http://keiji-masuoka.com/

 ■本記事について

本記事は『リズム&ドラム・マガジン2011年12月号』掲載のページを転載したものです。

→『リズム&ドラム・マガジン2011年12月号』の詳細を見る

→インプレスダイレクトで購入する

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN