2拍3連を用いたシャッフルの練習法!/MI Japan ドラム・クリニック

MI JAPANドラム・クリニック by 植村慎太郎 2011年7月13日

LAハリウッドに本校を構える世界最大級のミュージック・スクール、Musicians Institute(MI)と直結した独自のカリキュラムで充実した授業を行い、数多くのミュージシャンを排出しているMIJAPAN。経験と実力を兼ね備えた講師陣のレッスンが魅力の本校レギュラー講師が、その授業の一部を誌上クリニックとして公開するこのコーナー。今月はMI JAPAN大阪校講師の植村慎太郎氏が、2拍3連を用いたシャッフルの練習法についてレクチャーする。日頃、MI JAPANでどのような授業が行われているかを体験しつつ、とりかかってみよう。

はじめに

みなさん、こんにちは。MI JAPAN大阪校の植村慎太郎です。今回は2拍3連を用いたシャッフルの練習方法を紹介します。

このエクササイズは、音符の位置を考えながら叩く練習にもなりますし、全身のバランスを良くする訓練にもなりますので、みなさんの普段のトレーニングに取り入れていただけたら幸いです。難しくてどうしてもできないという人は、どんなにゆっくりでもいいので、確実にできるテンポから練習してみてください。

それではさっそくLESSON1から始めましょう。

【MI×ドラマガ】OPEN HOUSE/植村慎太郎

LESSON1

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_07_score_1

まずは今回のテーマ、”2拍3連”を練習してみましょう。2拍3連とは、2拍分の長さを3分割して音を出すことを言います。

さて、Ex-1a〜Ex-1bは、どちらも3小節目が2拍3連を譜面上で表したものですが、まずはEx-1aをご覧ください。これは、右手スタートの3連符が1小節→左手をゴースト・ノートにした3連符が1小節→左手をなくして、右手のみ2拍3連を叩くという流れになっています。

続くEx-1bは、2拍3連のウラ打ちです。右手スタートの3連符が1小節→Ex-1aとは逆の右手をゴースト・ノートにした3連符が1小節→2拍3連のウラを打つという流れで叩くことになります。慣れてきたら譜面の後半部分、2拍3連のみを叩き続けられるようにしましょう。

LESSON2

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_07_score_2

続いては、2拍3連のシャッフルを叩いてみましょう。今回譜面は、3連符の1つ目をオモテ、2つ目は叩かずに、3つ目をウラと考えて叩けますので、すべて3連符表記にしています。

Ex-2a〜Ex-2cはバス・ドラムを2拍3連にしたシャッフルですが、Ex-2aは2拍目と4拍目、Ex-2bでは1拍目と3拍目、Ex-2cでは2拍目と3拍目が3点で3連符を作り出しているところがポイントです。

最初は2拍3連よりも身体のバランスに気をつけながら3連符を意識するところから始めてみましょう。このフレーズは油断するとハシってしまいがちです。バス・ドラムは地面を強く踏みしめるイメージで踏んでください。

LESSON3

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_07_score_3

ここでは、LESSON2で紹介したEx-2a〜Ex-2cのバス・ドラムの部分をスネアに変えて、2拍3連のシャッフルを練習してみましょう(Ex-3a〜Ex-3c)。Ex-3cに関しては、オモテの2拍3連を用いていますが、アクセントとゴースト・ノートを交互に使用しています。

どのフレーズもバック・ビート以外のスネアが小さくなりがちになってしまう傾向にあると思いますが、ここでのスネアはすべてオープン・リム・ショットで叩けるように心がけてください。ただし、スネアはハイハット、バス・ドラムと比べて音量が大きいので、このフレーズを叩くと、スネアが全面に出てしまって、ハイハットとバス・ドラムがかすんで聴こえてしまうことがあります。あくまですべて一緒に演奏しているということを忘れないようにしましょう。

また、このフレーズはバス・ドラム、スネア、ハイハットが同じ位置にくることが多く、3点にズレが生じやすいので、ゆっくりのテンポから始めて、しっかりと確実に叩けるようにしてください。

LESSON4

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_07_score_4

今度は、LESSON2、LESSON3で練習したパターンのハイハット・バージョンです(Ex-4a〜Ex-4c)。2拍3連の部分をハイハットに置き換えてシャッフルしてみましょう。

このフレーズをうまく叩くコツは”バス・ドラムをしっかりと踏むこと”です。そうすることで、バス・ドラムが引き締まった音になり、上半身に余裕が出てスネアとハイハットが、がっしりと刻めます。

このフレーズでのハイハットは、スティックのショルダー部分でハイハットを上から垂直に振り下ろすように叩いてみてください。音が極端に細かくなると思います。クリックに合わせて叩いたときにいつもとは違った感覚に感じるかもしれません。

あまり苦労せずにできるフレーズかと思いますが、それゆえに単調になってしまいがちですので、1打1打集中して叩くことを心がけましょう。

LESSON5

▼クリックで拡大

mi_dm_2011_07_score_5

最後にフット・ハイハットを2拍3連にして叩いてみましょう(Ex-5a〜Ex-5c)。ここではフット・ハイハットを使うので、LESSON2〜 LESSON4で紹介したフレーズのハイハットの部分はライドに変えて叩きます。

左足は普段あまり使うことがないので、慣れない人は少し苦戦するかもしれ ません。”どうしてもうまくできない!”という方は、いつもより後ろにドラム・スローンに座って腰でどっしりと構えて叩いてみてください。

このフレーズは 4ウェイの練習にもなりますので、ぜひ完璧に叩けるようにしましょう。気をつけてほしいのは、フット・ハイハットを緩く踏むのではなく、小気味良くスタッ カートに踏むことです。こちらもテンポはゆっくりから始めて確実にできるようになってから徐々にスピード・アップしていきましょう。

最後に

みなさん、いかがだったでしょうか。一言に2拍3連といっても、今回取り上げたもののようにさまざまな練習方法があります。誌面では、個人練習用としてフレーズを紹介しましたが、曲中のフィルインとしても活用できますのでぜひ試してみてください。

また、冒頭でもお話ししましたが、シャッフル自体の練習のみならず、全身のバランスを良くするトレーニングでもあります。LESSON1〜LESSON5まですべて叩けた後に、8ビートや16ビートなどを叩いてみると身体に感じる感覚が変わっていると思います。

最後になりますが、私自身もまだまだ修行中の身です。今よりドラムを楽しんで叩けるように一緒に頑張りましょう!

 

植村慎太郎(うえむらしんたろう) プロフィール

pit_UemuraShintaro16歳の頃にドラムを始める。高校卒業後にMI JAPAN大阪校に入学、さまざまな音楽に影響を受ける。卒業後はロック・バンド、”staltura”で活動し、2010年に関西で行われたイベント”eo Music Try”で特別賞を受賞。その後もジャンルにとらわれず、さまざまなバンドで活動中。

■本記事について

本記事は、『リズム&ドラム・マガジン2011年7月号』掲載のページを転載したものです

→『リズム&ドラム・マガジン2011年7月号』の詳細を見る

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN