ボカロPからももクロ楽曲提供まで! 平成生まれニコニコ出身「ゆよゆっぺ」

TUNECORE JAPAN的音楽活動のススメ。 by TUNECORE JAPANスタッフ 2014/03/28

140326-yuyoyuppe-main

どうも! チューンコアジャパンです!
この度、TUNECORE JAPANではボーカロイド各社と提携を果たし、自身が制作したボカロ楽曲をiTunesなどの配信ストアで販売できるようになりました。そんな中、さまざまなボーカロイド楽曲をニコニコ動画に発表し、何度も“殿堂入り”を果たしている人気ボカロP「ゆよゆっぺ」氏もTUNECOREからアルバムをリリース中! ということで、今回はそんな彼に制作と意気込みについて聞いちゃいました!

140326-yuyoyuppe-1

ニコニコからもリアルな世界からも人気沸騰中のゆよゆっぺ氏ですが、平成生まれということもあり、若さ故の“勢い”があります!最近では台湾でプ レイするなどアジア進出も果たし日本にとどまらず活動の幅を広げていますね。

現在ではアイドル等への楽曲提供まで手がけるなど、幅広く活動されていますが、気になるのはそんなゆよゆっぺ氏の楽曲の制作方法。
ネットに投稿した動画は総計800万を超える再生回数をたたき出している彼が楽曲制作を始めたのは学生の頃で、当初はMTR ZOOM HD16を利用していたそうです。そして、そこにバンドルされていたソフトがCubase LE。
最初は「なんだこれ?」と思いつつ、色々調べるうちに「これがDAWか!!」と、無事気付いたそうです。それからというもの、楽曲制作はDAWで行い、現在はCubase 7を利用しているとのこと。

DAWで楽曲を制作する人たちにとってのあるある、“どこから曲を作って行くか?”ですが、ゆよゆっぺ氏の場合はどうなんでしょうか?

楽曲はいつもギターを弾きながらドラムを打ち込んでみて、とりあえずコード進行やアレンジの大まかな部分を先に作ってしまいそれからメロディを作っていくパターンが多いですね。そのときにギターやドラムの音が良くないとテンションが上がらず、楽曲のノリに影響してくるので、なるだけベースになる音を最初に作りこんだ上で制作に入るようにしています。最終的にはレンジ感やステレオ感が損なわれないように気をつけています。

とのこと。これはかなり参考になるのではないでしょうか?
音楽性では“エモ”や“スクリーモ”を得意としており、2000年代後半に海外から新しいエモの形や、スクリーモと呼ばれるジャンルがたくさん日本に入ってきた時は「オレがやりたかったのはこれだ!!」と狂喜乱舞していたそうです(笑)。

http://youtu.be/RTQi8lAQEmM

また、自身がボーカルを務めるバンド「My Eggplant Died Yesterday」では、MY FIRST STORYやARTEMAとの共演も果たしています。本人が影響を受けたバンドとして「Fightstar」や「saosin」、「Alesana」を挙げていました。

これから音楽はどんどん多様化していくと思うのですが、やはり「メロディ」というものは絶対に廃れないし、根本的なものだと思うので、純粋に「メロディの良いアーティスト」を目指したいですね! 技術的なこととは違うからなかなか難しいですけど(笑)。

と、これからの活動の意気込みも頂きました。ボカロPとしてもニコニコ動画をメインに多数動画投稿されてますので、普段ニコニコ動画をあまり見ない方もこれをきっかけに覗いてみてはいかがでしょうか?
ゆよゆっぺ氏の活躍が今後一層見られることを期待しております!

ゆよゆっぺ氏と同じLOiDレーベルのピコピコ系ミュージシャンこと「ヒゲドライバー」さんの音楽のお話はこちら!

ジャパニーズ・チップチューン界を盛り上げる才能! ヒゲドライバー

 

 

 

TUNECORE JAPAN

TUNECORE JAPAN

音楽配信はTUNECORE JAPANで! 『誰でも』手軽に自分の楽曲を、パソコンからiTunes、Amazon MP3、music.jp、オリコンストアー、Tapnow、Groovy、Spotify等に配信できるようになりました。登録は無料!世界中にあなたの音楽を広げましょう!



TUNECORE JAPAN