チル・エレクトロ! 製作環境のこだわりが感じられる、流れるようなエモーショナルサウンド「OILA」

TUNECORE JAPAN的音楽活動のススメ。 by TUNECORE JAPANスタッフ 2014/01/17

140116-tunecore-1

どうも、TUNECORE JAPANです! 今回ご紹介いしますのは、チルなエレクトロで心を揺らすアーティスト「OILA」さんです!

TUNECORE JAPANから1st EPである『HOBBY』をリリースしているOILAさん。2012年の9月からOILA名義でのアーティスト活動を始めたという若いアーティストです!某暖房メーカーともCMタイアップしており、彼の楽曲は高い評価を得ています。

140116-tunecore-2

気になる「OILA」という活動名ですが、最初アーティスト名を和製英語にしたくて色々考えていたそうです。しっくりくるものはあれるけれども、キャッチーさがなかなか出なく、そんな時ふと今まで呼ばれてきたあだ名を振り返って出てきたのがオイラだったそうな!オイラさんってあだ名を付けた方はなかなかのセンスをしてますね。

チルウェーブな音を創りだす彼は、どのような製作環境を構築しているのでしょう。伺ったところ、メインのDAWはLogic Pro、オーディオ・インターフェースはMetric Halo Mobile I/O ULN-2 Expanded、音源とエフェクトプラグインはLogic内臓のものをよく使用しているそう。試行錯誤を繰り返し、曰く「かなり遠回りして」この状態になったとのこと。また曲によってはソフトウェア・サンプラーのKONTAKTを使ったりもするそうです。

マイクの変遷はAUDIO TECHNICAのAE5400からNEUMANNのTLM102、さらにSHUREのSM7Bときて、今はSHUREのBETA57Aに落ち着いたとか。

このようにこだわりの機材と環境を整えるのには、楽曲を製作する上でのこだわりがうかがえます。基本的に「ポップでわかりやすいか」に重きを置いているそうで、聴きやすく、漂う感じがとってもオシャレ。そしてボーカルも、自身が作るビートと相性抜群です。

http://youtu.be/HchsW7Xsiyo

音楽活動の今後については、
「マイペースでノープランな人間なんで特に考えはないです(笑)。ただやりたいことはたくさんあるんで、それを1つ1つ実現していけたらなぁと思ってはいます。」
と語る彼。作り出す楽曲のようにマイペースに、着実に進んでいきたいという気持ちがうかがえます。

楽曲を自主製作されている彼は、音楽を作り、かつそれを通して自分を表現するということがしっかりできており、このようなアーティストがTUNECOREを使ってくれることはスタッフとしても非常に嬉しいことです。
ぜひともリラックスして、OILAさんのチルなウェーブに耳を傾けてみてはいかがでしょうか!

http://youtu.be/y9yr1V12Ypc

TUNECORE JAPAN

TUNECORE JAPAN

音楽配信はTUNECORE JAPANで! 『誰でも』手軽に自分の楽曲を、パソコンからiTunes、Amazon MP3、music.jp、オリコンストアー、Tapnow、Groovy、Spotify等に配信できるようになりました。登録は無料!世界中にあなたの音楽を広げましょう!



TUNECORE JAPAN