4か国のルーツを持ちLAから日本まで幅広く活躍中、FINGAZZプロデュースのYALLA FAMILY

TUNECORE JAPAN的音楽活動のススメ。 by TUNECORE JAPANスタッフ 2013/11/29

131128-yallafamily-main

FINGAZZプロデュース! LAで結成された“黄色人種代表の珍獣一家”YALLA FAMILY(ヤラファミリー)の新たなサウンドスタイル!!

今週もまたまたやってまいりました、音楽のススメ。今回、TUNECORE JAPANからご紹介するアーティストは、LAで結成され、現在、東京を中心に精力的に活動を行っているヒップホップ・グループ「YALLA FAMILY」です!

131128-yalla-1

メンバーのルーツはガーナ、韓国、中国、日本の血が入り混じった4人から成ります。高校時代に単身渡米、現地のヒップホップ・カルチャーに魅了されたのをきっかけに歌とラップを始めたH-SLANG、音楽を自身の肌で感じるため単身L.Aへ渡米し自分の原点となるウェッサイ音楽を表現する50 caliber、日本人とガーナ人のハーフとして生まれ、ルーツであるブラック・ミュージックのメッセージ性を世に伝えようと活動するWEZ、そして95年にターンテーブルと出会ってから各地のクラブでDJとして活動し、また数多くのMIXCDもドロップしているDJ I.O。全員が混血の持ち主であることに加えて、それぞれに強い個性を持っています

そんな4人がLAで出会い、YALLA FAMILYが結成されました。その後、共にガレージ生活やホームレス生活をしながら音楽活動の下積み時代を過ごしました。そして2011年1月1日、本格的に日本での活動を開始。麻布十番の人気クラブDIX AZABUを本拠地とし、レギュラーイベント「YALLA PARTY」をオーガナイズしながら、日本各地でライブ活動を展開しています!
彼らをプロデュースするのはFINGAZZ(フィンガズ)。スヌープ・ドッグやMRカポーン・E、リル・ロブなどを手がけヒットを連発する、LAを代表する敏腕プロデューサーです。

ヒップホップとJ-POPそして流行りのEDMが融合し乗らずにはいられなくなるビートと魂のこもった歌詞で、体が揺れるパーティーチューンからしっとりのバラード系まで幅広く楽しませてくれます! ライブでは皆が、プチョヘンザッ!していて盛り上がっていますねー。
また、先日公開された4thシングル「Crazy Party」はiTunesの「ニューリリースと注目作品」にも紹介されたとのこと。

彼らはネットでの音源発表とともに、リアルでも前述のDIX AZABUのレジデントとして多元的にファンとの接点を持っています。メンバーはとにかく「音楽がなきゃやってらんねぇ」らしいので、その熱い思いで活動を続け、フォロワーを増やしているんですね。

TUNECORE JAPAN

TUNECORE JAPAN

音楽配信はTUNECORE JAPANで! 『誰でも』手軽に自分の楽曲を、パソコンからiTunes、Amazon MP3、music.jp、オリコンストアー、Tapnow、Groovy、Spotify等に配信できるようになりました。登録は無料!世界中にあなたの音楽を広げましょう!



TUNECORE JAPAN