第16回:超絶クリスマス〜メリー苦しみます

超絶スーパーテク大全 by やまもとげんたろう 2013/12/22

振り返れば今年もあと10日ほど。そろそろアレが来ます。街中の至るところが赤だ緑だ柊だイルミネーションだで飾り立てられ、ケーキだチキンだプレゼントだと、にぎやかに浮かれまくるアレ。クリスマスです。まあ筆者などは年末進行に大わらわで、ここ20年近くまったく関係なかったりするイベントなんですけどね。ケッ。

この時期に浮かれるのは音楽関係も同様で、普段は革ジャンにメロイック・サインで強面なロック・ミュージシャンも、ついつい「♪ジングルベージングルベー」と楽しげです。メロディックでシリアスなパンク・ロックに定評のあるバッド・レリジョンですら、つい先日『クリスマス・ソングス(True North)』というクリスマス・ソング・カヴァー・アルバムを発表したぐらいですから。

そんな、ロック・ミュージシャンによるクリスマス・ソング・カヴァーと言えば、パッと思いついたのが、1997年にギタリストのスティーヴ・ヴァイが音頭を取って発表した『メリー・アックスマス』。ジョー・サトリアーニ、スティーヴ・モーズ、ジョー・ペリー(エアロスミス)、アレックス・ライフソン(ラッシュ)、リッチー・サンボラ(ボン・ジョヴィ)、布袋寅泰といった、錚々たる名ギタリスト達が参加したアルバムで、思いのほか評判を呼び、翌年にはスティーヴ・ルカサー(TOTO)やニール・ショーン(ジャーニー)、アル・ディメオラなどが参加した第2弾も発表されました。

 

スティーヴ・ヴァイ「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」

 

ジェフ・ベック「アメージング・グレイス」

 

ブライアン・セッツァー・オーケストラ「ジングル・ベル」

やはり名手ぞろい。おのおのの個性を発揮した見事なアレンジと演奏です。クリスマス・ライヴなどを予定している人は、ちょっとしたサプライズでカヴァーしてみるのもいいかもしれません。

 

しかし、普段は「俺は悪魔だ」「地獄へ連れて行くぜ!」「悪のドラゴンと戦う!」なんて歌詞を大まじめに歌っているようなヘヴィ・メタル・バンドの面々も、実はクリスマス・ソングをカヴァーしているのはいかがなものか。

アリス・クーパー「サンタが街にやってくる」

ホラー/ショック・ロックの帝王アリス・クーパーによる「サンタが街にやってくる」のカヴァー。このサンタ、「悪い子はいねえかー!」って叫びながら家に乱入してきそうです。

 

V.A.「きよしこの夜」

続いては、ウド・ダークシュナイダー(元アクセプト)、マイケル・キスク(元ハロウィン)、チャック・ビリー(テスタメント)、フロール・ヤンセン(ナイトウィッシュ)による「きよしこの夜」。オペラティックなボーカルを得意とするヤンセンはともかく、「メッタル・ハート!」だ「アイ・ウォント・アウト!」だ「プリーチ!」だ叫んでいた3人もニコニコと歌っているのが微笑ましいです。

 

最後はこんな動画。

熱心なメタル・ファンが自宅にあつらえたクリスマス・イルミネーションですが、それに合わせるBGMがなんと、クリスマスにはかなり縁遠そうなスレイヤー! デイヴ・ロンバードばりにドラムを叩くノームもアレですが、ヘドバン雪だるまって……。2分あたりから流れる曲は彼らの代表曲である「エンジェル・オブ・デス」。

もうサンタさんじゃなく、サタンさんだよ!

 

以上。

関連製品
ROCKOMANGA

書籍
ROCKOMANGA

定価
1,575円(本体1,500円+税)
仕様
Xmasネタが載ってるかどうかは自分の目でチェックするしかない!
発売日
超絶発売中

本書の詳細を見る Amazonから購入

TUNECORE JAPAN