別々の場所にいる音楽家が集まって、一緒にやることのおもしろさ – the band apart 川崎亘一、木暮栄一との話(2)

会って話してわかること by 環ROY 2014/03/28

140327-bandapart-main

前回に引き続き「the band apart」から川崎さんと木暮さんをお招きしての対談です。前編と同様に過去最高の緩さになっているように思います。対談というか対話というか、ほぼ雑談。だけどバンアパの魅力ってそういうところなんじゃないかと僕は解釈しています。近所にいそうな気のいい兄ちゃん、素直でそのまんま、面倒見がよくて気さくになんでも話してくれる。今回の取材を通してそんな印象がより強まりました。このテキストで少しでもそれが伝わるといいなって思っています。

富山のライブで、演奏の考え方が変化した

ROY:リットーミュージックって、『ギター・マガジン』とか『リズム&ドラム・マガジン』とかがあって、それぞれ編集部が分かれてるそうなんですよ。

木暮:へえ、そうなんだ?

―そうなんです。雑誌ごとに編集部があります。

ROY:で、編集(土屋)によると、それぞれギターっぽい人、ドラムっぽい人がいるらしくて。例えばドラムだと四角い感じの人とか、ギターだと細身のヤツとかがイメージとしてあるじゃないですか? 実際にいる人もそんな感じらしくて。それをこないだ聞いてへーとか思ったんすよ。それでいくと原さんってドラム叩いてそうですよね。

木暮:そうだね。なんだよその話(笑)。

ROY:バンアパはデカい。木暮さん以外。

川崎:俺は普通だけどね。

ROY:バンアパでは普通ですけど、一般的にはでかいでしょ。荒井さんとかむやみにでかいすよね。

木暮:むやみにって(笑)。

ROY:格闘家みたい。

木暮:見た目ってことで言うと、うちのバンドちょっと特殊なんじゃない?

ROY:そういう属性っていうんすかね、こいつはなにっぽいっていうのありますよね。

川崎:それはあるよね。会う前に一応ロイのPVで見たんだけど、「あーこいつすっげえ生意気なやつなんだろうな」って思った。「あー、バンドにーちゃんでしょー?」みたいに言ってきそうな感じ。俺の中のB-BOYのイメージってこういうのなんだよね(笑)。

ROY:え、ひどい(笑)。

川崎:昔ヒップホップのPAをやってる人がそういうこと言ってきたのを覚えてて、印象深いんだよね(笑)。

木暮:俺のB-BOYのイメージは「遅刻」だよね。

一同:(笑)

川崎:ロイ、富山のときのリハ一度も時間に合わなかったし。

ROY:すみません……。でも2人だけでしょ、しっかり間に合ってたの(笑)。ほか全員遅刻してましたよ……。

川崎:そうだね。(村田)シゲが途中からヤバいと思ったのか、間に合うようになってきた。

ROY:だってシゲが遅れるのはまずいでしょ。あの組み合わせを召集した男なんだし。やっぱ一番バンド意識が強いのがバンアパの2人だったんすよ。リハに間に合うっていう基本がしっかりしてるんでしょうね。クチロロとかバンド意識ないでしょ、たぶん。

川崎:いや、俺らも遅れることあるけど、遅れ方がアバンギャルドすぎるっつうかさ。

ROY:時間の問題っすね(笑)。

木暮:10分15分じゃなくて、数時間とか遅刻してたからね(笑)。

川崎:なかなかだなと思った。でも、そういう経験も楽しかったね。俺は、サポートとか、人の曲をやるのも初めてだったしさ、1人で緊張してたわけ。だから周りがゆるっとしてると、手練なんだなとか思ってさ。

ROY:自分のバンド以外で演奏したことがほぼないってこと?

川崎:うん。だし、やったことのないことをやるわけじゃん。

ROY:人の作ったものを読み込んで再現する。

川崎:でもギターの入ってない曲渡されて「ギターやってくれ」って言われたから(笑)、緊張するじゃんそんなの。で、みんな遅れてくるから、意見が聞けないっていう。

ROY:ひどい状態(笑)。

川崎:ほんとひどい状態。これでいいのか? みたいな。

ROY:俺ただラップするだけだからなーとか思っちゃってました。

川崎:その、ただラップするだけとかそういう考え方がすごいと思うんだよ。なんかの曲で、8小節で入る曲を渡されてんのに、お前がタイミングになっても入らなくてさ、どうすんのかなって見てたら、みんなでもう一周して16小節してから入ってくるっていうのがさ、暗黙の了解でできてるし。

ROY:逆にその感覚がない川崎さんに衝撃ですよ、俺。

川崎:俺はさ、初めてだから。やってみたことのない曲で「ああ8小節か」って思ってるのに入らないんだもん。あれ、これどうなるんだろ!? みたいになるだろ普通。

ROY:でも音楽家なんてそういうもんだと思ってた。

川崎:俺にとってはそういうのが斬新で、発見というか、楽しかったことだね。経験として。

ROY:俺、鎮座DOPENESSってラッパーとKAKATOってグループやってるんですけど、Buffalo Daughterと曲作ったことがあって。で、それをライブでやるぞってなって、事前にリハに行ったんですけど、その場にいた誰一人として構成を把握してなかったってことがありました、今思い出した。それはリハだったからよかったけど……(笑)。

川崎:全員ってすごいな(笑)。

ROY:Buffalo Daughter自身もさっぱりわかってなかった。

木暮:その場のハプニングを楽しもうよみたいな感じなの?

ROY:うん。むしろフリースタイルしちゃってよ、みたいな。

川崎:富山の編成はそういう感じだったよ。自分のバンドは結構かっちりしてるからさ。ソロ・タイムとかはあったりするけどいきなり変則的に「もうちょっとやろう」みたいな雰囲気はないからさ。

ROY:それじゃあ、これを機に川崎さんからやっちゃえばいいじゃないすか(笑)。

川崎:そうだね。あの日から俺変わったもん。

ROY:まじすか。すげぇ。めっちゃいい話すね。

川崎:ほんとにいい経験だったよ。こういう楽しみ方があるんだなって。雑っていうと言い方悪いけど、ゆるいっていうか、自由っていうか。

ROY:自分の認識ですけど、スタートからリズムとキーはずっと一定っていうルールがあって、まぁ転調とかあると思いますけど、とりあえずこの2つのルールを守っとけばだいたい全部オッケーっていうのが音楽のラクなとこっつーか、自由っていうか。即興しやすいですよね。舞台作品とかだと、台詞が逆になっちゃったらもうだめじゃないですか。でも音楽ってフレーズが逆になっても成立するし。遊びが多いですよね。逆に厳密にしていくこともできるし。

川崎:そうね。ブレイクを間違えると、うちのバンドって全員こっち見てくるからさ(笑)。(三浦)康嗣とか全然見ないじゃん。(蓮沼)執太も全然気にしないし、だいたい「いいんじゃないっすか?」っていうよね(笑)あいつ。

ROY:そうですね(笑)。

川崎:これもありなんだなって思えるよね。

ROY:そうなってくるとだんだんのびのびしてきちゃって、感覚が外に向かってって勝手に合うんじゃないですかね。直前で「あ、ここブレイク来そう」とか思ったりして。あ、来る! 合った! みたいな。

川崎:そういうのあるんだろうね。あの3人(三浦康嗣、村田シゲ、蓮沼執太)は。でも今回のはそういう即興っていうより、出来上がっている曲を渡されて、こうやりますって言われて、やったら全然違ったっていうパターンだったからね……困ったよね。

ROY:そういうアレンジしましたって言い張ればだいたいぜんぶ解決でしょ。

一同:(笑)

ROY:瞬発的にこのアレンジのほうがいいと思ったっつって。

川崎:でも明らかにディスコードしてるってのもあるからね。聴いてて気持ち悪い感じの。

ROY:あー。でも気持ち悪いアレンジしたって言えば? 今日は無調の気分なんで、みたいな。

川崎:うん、でもそういう風に解釈してるのかなって思った。あの3人もね。そういう意味ですげースキルがあるなって。

ROY:そういう普段とは別の感覚っていうか定義みたいなものって、自分のバンドだけやってたら触れないですもんね。

木暮:うちは特にないほうだからね。

ROY:作ったやつをしっかりやる。アレンジするとしても決めてたやつをしっかりやるみたいな?

川崎:ほんとに一部分だよね。

ROY:フリーの、ギターソロとかっていつもそのときのインスピレーションじゃないんですか?

川崎:そう考えられるようになったんだよね。あれから。

ROY:いままでは?

川崎:今までは俺はかっちりやってたんだよ。最初から決めてて、それがあれを経験したことによって、ラップじゃないけどフリースタイルみたいに自分の好きなようにやればいいんだなって思った。それがすごくおもしろいなとおもって。すっげーうまく行くときもあればスッゲー外すときもあって、それが体調というか、しょうがねえってなる。

ROY:ジャズのインプロとかそんな感じっすよね。そういうのでうまくいく確率というか、イチローみたいに打率高いやつが、サポートも得意なのかもしんないですね。

川崎:あー。

木暮:そうかもね。

ROY:シゲとか相当得意なんでしょうね。トディ(ART-SCHOOL)とかもすげーうまいですもん。ぽんって曲渡して、最悪リハなしでもいけるんじゃないですかね。

川崎:へー。すげえなそれ。

ROY:ちょっと打ち合わせってトディの家いって、これとこれやろうと思ってるんだよねって30分くらい話したら、トディが「フリースタイルでやばいやついるんだよねー」とか言って、ずっとYouTube見せてきて終わるっていう(笑)。

川崎:彼そんなアッパーな人なんだ?

ROY:フリースタイルラップとかMCバトルが好きみたいですよ。めっちゃ見てる。

木暮:そういうやつって現地に行って観戦したりしないのかな?

ROY:1人で年末、川崎のチッタでやった全国大会観に行ったみたいですよ(笑)。

木暮:まじで! 大晦日だよね?

ROY:ART-SCHOOLの人がだよ。なかなかの異常行動でしょ(笑)。

木暮:いいじゃん。好感度がアップしたわ。まずはフリースタイルの鑑賞会したいね。

ROY:トディのおすすめを観る会。

木暮:「あーたしかにヤバい」とか言って(笑)。

ROY:木暮さんもラップ好きですもんね。

木暮:ラップを19、20歳くらいまでやってたからね。

―それは、バンアパをやりながら? やる前ですか?

木暮:バンアパとクロスフェードみたいな感じ。

ROY:MCネームは言ってる?

木暮:MCネームまでは言ってないかも。MCエーワン。ハイジマニアっていうユニットでね。

ROY:木暮栄一だからエーワン、地元が拝島ってことで(笑)。

川崎:すごいよねーロイ、それ言えるの。触れられたくなくね? そういうの。

ROY:楽しいかなーと思って。

川崎:原みたいな感じだ、そういうの。いっつも俺を切れさせようとする。あいつは俺が切れてるのを観ておもしろがってる(笑)。

ROY:川崎さん、本当原さん好きですね。富山での打ち上げ、半分以上原さんの話ししてたよね。

川崎:もうあの、ライブの緊張から解放されてね……おもしろい話をしたかったんだよ。

ROY:サポートやったことなかったから、開放感があったんでしょうね。初サポートでしょ。それもレアすよね。で解放されて、原さんの話をうれしそうにして(笑)、でその時のラッパーに今インタビューされてるっていう……。いいっすね。

木暮:いいよね。

川崎:いいね。

▲2014.02.18 環ROY presents 「ラッキー vol.3」 at 渋谷WWW 環ROY×□□□×蓮沼執太×木暮栄一&川崎亘一(the band apart) photo:後藤武浩

▲2014.02.18 環ROY presents 「ラッキー vol.3」 at 渋谷WWW 環ROY×□□□×蓮沼執太×木暮栄一&川崎亘一(the band apart) photo:後藤武浩

曲の作り方を変化させていきたい

ROY:いつもどれぐらいのペースでスタジオにいます?

川崎:週2、3日くらいはいるね。

ROY:木暮さんは自転車で出勤してるんだよね?

木暮:うん。12、3km走ってる。45分ぐらいかな。

ROY:来てだいたい何するの?

木暮:2時間ぐらいはドラムの練習して。あとは曲作ったりとか。俺らはネタって呼んでるんだけど曲のもとになるものをそれぞれが作るって感じ。

ROY:ドラムで作ることが多いの?

木暮:ギターが多いかな。

ROY:楽曲のもとをためてくんすね。荒井さんもギター?

木暮:みんなギターだよね。

ROY:川崎さんも? 家で作らないの?

川崎:そうだね。家では作れないなー。

木暮:本格的に形にしようと思ったら家でも作るけど。でも家は誘惑が多いんだよね。

ROY:ほんとそうですね、家。

―出勤したいって思いますか?

ROY:思います。

川崎:自宅だと集中続かない。冷蔵庫の中身が突然気になって掃除を始めたりしちゃう。

木暮:気が散るよね。

ROY:みんなスタジオに来る頻度ってそれぞれ?

木暮:それぞれのペースだね。最終的にアルバムを仕上げるとき、それぞれ担当する曲数がだいたい同じ分量なんだよね、最近は。それができてればいい。

ROY:作曲のクレジットはぜんぶ「the band apart」ですもんね。

木暮:そうだね。最近は1人3、4曲くらいにやったら、4人いるからアルバム録れちゃうじゃん、ってなる。だから、すごい調子いい奴が1人いるって感じではないよね。

川崎:最近は人がやってることにあまり介入しないというか、暗黙の了解で介入しないようになってる感じがある。ネタ持ってきた奴が最後までやりきるってパターンが主流になってるから。けっこう「この曲は誰の曲」ってなりがち。

ROY:「俺1曲しかできなかったからみんなやってー」みたいにならない?

川崎:俺はそういう風になりがち(笑)。

ROY:あー。俺もKAKATOで、鎮座DOPENESSに全部書いてって言うことあります。やってくんないですけどね。

木暮:人のリリックをラップするのってありなの?

ROY:それをありでしょってする方が広がりがあるでしょって考え方ですね。

木暮:スチャダラパーって3人で書くって言ってたよね?

ROY:スチャダラパーは3人で全部考えてるみたいですよ。俺は人に書いてもらうリリックでやってみたいとか思います。あと人に書きたいとも思うし。木暮さん書いてくださいよ。

木暮:すごい悪いキャラでもいいの?

ROY:一応、「ロイ、こういうの歌えば?」っていう、似合う感じのがいいですけど(笑)。演じるのもありです。

木暮:なるほど。俺らも作ったネタを共有はするけど、作ったまま完全にその通りやってもらうって感じじゃなくてある程度は任せたりするからね、そういう感じかな。

ROY:デッサン書いて、いろんな筆とか絵の具で完成させるってことでしょ? で、最近はその持ち寄るデッサンの数が均等になってるっていう。

木暮:なんか、いい例えじゃん。でもそういうのも飽きてきた。ちょっと前は原がけっこうデッサンを書いてきて、みんながそれに遠慮なく意見するっていう形だったんだけど。今はある程度形にしてきたものをみんなで持ち寄るっていうスタイルだね。アルバム4枚くらいやってっからさ。続くと飽きるじゃん。

ROY:その作業がうまくなってきちゃったんすね。

木暮:その作業の効率化がバンド内でできてきてて。そうなると間違いがなくなってくるじゃん。デッサン書いたやつのの意図を汲むのにもこなれてきちゃうっていうか。

ROY:範疇内に収まりやすいってことですね。

木暮:だから最近はもうちょっと変えたい。変な感じにしたいなって思ってるところ。

ROY:どんな形で変化をさせてこうとかイメージありますか?

木暮:例えばリフがひとつできたら、リズムは俺が考えるけどベースラインとかリードギターはそれぞれ考えてもらって、メロディも鼻歌程度にして、それぞれに投げちゃうって感じとか。

ROY:え、むしろ今までそうじゃなかったんですか? 担当した人がベースとか歌メロまで考えてたの?

木暮:原型までは作ってたね。

ROY:すげー! みんな音楽家ですね。じゃあ今後はデッサンにもなってないその手前の超ラフをメンバーに投げて、みんなでデッサンから作っていこうってイメージなんですね。

木暮:そうだね。やり方は変化さたいよね。

ROY:なるほど、それこそ俺らの富山でのライブとも共通点がありそうじゃないですか。

川崎:そうだね。あの形はスキルが必要なんだろうけどさ。けっこう俺が適当なことやってても、他がうまく合わせるみたいなのすげーいいじゃん。そういう、何回もやるたびに変わっていって、その中でいいのを探していくんだろうなって。それがすごい勉強になったよね。即興力っていうか。

ROY:なるほど。インプロビゼーションって俺の考え方ですけど、絶対に間違いってなくて、次の瞬間にそれをありにする物語をどんどん後付けしていければいいと思うんですよ。フリースタイルもそうだし。だから「めっちゃはずした!」と思っても、そこで外した意味を強引に与えてくっていう行為を繰り返して行ければ、ありになっていくって思うんすよね。だからラップも、めちゃくちゃなこと言っちゃっても次にどんんどんつないでくことで無理矢理伏線にしちゃうっていう。

川崎:うん、そういう部分がおもしろいと思ったんだよね。

木暮:ていうか、インタビューってこういう話にならないかもね。やっぱり普段は限られたタイミングで話をするからさ。

ROY:って感じですかね。よかったっす。今後の作曲の変化を楽しみにしてますよ。

川崎:そうだね。雑談だったね(笑)。おもしろかった。

環ROY

環ROY

ラッパー。宮城県出身。主に音楽作品の制作とパフォーマンスを行う。これまでに最新作『ラッキー』を含む4枚のフルアルバムを発表。第17回文化庁メディア芸術祭推薦作品『ワンダフル』(MV)を発表。国内外の様々な大型音楽イベントへ出演。



TUNECORE JAPAN