おつかい5:スペーシーなジャケットのコンピレーションアルバム

いしいのおつかいミュージック by いしいこうた 2013/08/21

130821-otukai-5-main

CDショップを物色していて、目に留まった強烈なジャケ。
宇宙空間を背景に、月のような、惑星のようなものに映り込む6人の女性たち。真ん中の人がやけに大きく、かつ古風なメイクでラスボス感を醸し出しています。

タイのコンピレーションアルバムには、ジャケットに参加歌手の写真が並べられた物が数多くあります。しかしその中でも異彩を放つ存在感、なんともいえないブートレッグぽさに惹かれ、一目で購入を決めました。
今回は、タイ国内の大手CDショップチェーン「mangpong」で155バーツ(およそ482円 -2013年8月現在)で入手。

130821-otsukai-5-1

ジャケット裏面はさらに人数が増えて、ビッグな女性の取り巻きが10人になっています。小さく配置された人々は腰付近まで入り込んだトリミングになっていて、大小の差がより明白です。よくよく見ると、大きな女性の肩のラインに合わせて周りの人がレイアウトされているようにも。いつの時代にリリースされたのか、まるで見当がつかないデザインです。

130821-otsukai-5-2

130821-otsukai-5-3

果たしてどんな内容なのか、トラックリストとそれをGoogle翻訳にかけたものが以下の通りです。

  • アルバム名:ดวงใจ…ดวงจันทร์(ハート…ムーン。)
  • リリース年:2013年
  • 曲名:
    1. นักร้องบ้านนอก(カントリーシンガー)
      アーティスト名: ต่าย อรทัย
    2. เขานอนบ้านใน(彼は家の中で眠っていた)
      アーティスト名: Sunaree Ratchasima
    3. ดาวเรืองดาวโรย(マリーゴールドの星が整列)
      アーティスト名: เปาวลี พรพิมล เฟื่องฟุ้ง
    4. สาวนาสั่งแฟน(ファンの娘)
      アーティスト名: คัฑลียา มารศรี
    5. สุดแค้นแสนรัก(最愛の敵)
      アーティスト名: ใหม่ เจริญปุระ
    6. อีกหน่อยก็ลืม(私は再び忘れてしまった)
      アーティスト名: แพรวา พัชรี
    7. ตั๊กแตนผูกโบว์(イナゴ蝶ネクタイ)
      アーティスト名: ตั๊กแตน ชลดา
    8. พี่ไปดู หนูไปด้วย(私と一緒に行きたい)
      アーティスト名: เอิร์น สุรัตน์ติกานต์ พรรคเจริญ
    9. กระแซะเข้ามาซิ(市へのひな鳥)
      アーティスト名: หลิว อาจารียา
    10. พี่ จ.หลายใจ(月に気まぐれ)
      アーティスト名: รัชนก ศรีโลพันธุ์
    11. จูบแล้วลา(それが別れのキス)
      アーティスト名: ตั๊กแตน ชลดา
    12. ฉันเปล่านาเขามาเอง(私は自分自身を輸入した)
      アーティスト名: Sunaree Ratchasima
    13. คิดถึงบ้างเน้อ(私も思います)
      アーティスト名: ฝน ธนสุนทร
    14. หนูล้อเล่น(私は冗談)
      アーティスト名: แพรวา พัชรี
    15. หนูไม่เอา(私はしたくない)
      アーティスト名: เอิร์น สุรัตน์ติกานต์ พรรคเจริญ
    16. หนูไม่รู้(知りません)
      アーティスト名: หลิว อาจารียา

というわけでこちらは、1992年に30歳の若さで他界したพุ่มพวง ดวงจันทร์ (プンプアン・ドゥアンジャン)という歌手の21周忌記念トリビュート・アルバムでした。

(リリース時のCD、VCDの宣伝動画)

プンプアンは貧しい農家の生まれで2年間しか小学校に通うことができず、文字の読み書きができませんでした。しかし幼い頃から歌うのが好きで、歌詞を記憶する能力に優れていたため、地元のさまざまな歌謡コンテストに出場し、制覇していきます。そして15歳のときに才能が認められてプロデビューを果たすと、着実にスターダムの階段を上っていき、伝説的な歌姫の地位まで上り詰めました。その生涯は死後、テレビドラマや映画化もされています。
病に伏して亡くなってからも彼女の楽曲は愛され続け、今もなおさまざまなアーティストによってカバーされています。彼女が歌ったタイの伝統的な歌謡様式「ルークトゥン」では、いまだにプンプアンの右に出る者はいないとさえも言われています。

プンプアンの伝記映画『Poompuang (The Moon)』の予告編

そんな彼女の名曲の数々を、現在活躍するルークトゥン歌手が歌い上げたのがこのアルバム。
名前にもなっている、月を意味するタイ語「ดวงจันทร์(ドゥアンジャン)」に合わせて月に彼女たちの姿を合成したビジュアルは、安直だけどかなりのインパクトがあります。ジャケットのデザインからは、まさか今年にリリースされたものだとは思わなかったけれど、確かに言われてみるとsoundcloudやbandcampでリリースしている若手アーティストのアートワークに近いものを感じるような気もします。

130821-otsukai-5-4

ドラマチックな曲名が並ぶ中、7曲目「イナゴ蝶ネクタイ」はイナゴにひもを括り付けて蝶ネクタイのように首元に結びつけてる様子が目に浮かびますが、バッタがネクタイをつけてるという意味合いのようです。どっちにしてもよくわからないシチュエーションですが。

CDでのリリースと同時にiTunes Storeでも配信販売されているのですが、なぜか1曲目「カントリーシンガー」のみ除外されています。この曲はプンプアンの代表曲と言われるくらい有名なもののようで、かつ歌っている歌手ต่าย อรทัย(ターイ・オラタイ)もこのアルバムの参加歌手の中では最もビッグなアーティスト。あるいはCDのみのボーナス・トラックというような扱いなのでしょうか。

ルークトゥンは日本でいうところの演歌のようなもので、コブシをきかせた独特の歌い方が特徴的です。まだ僕自身があまり聞き慣れていないので歌手ごとの違いはよくわからなかったのですが、そのうちプンプアンの歌った音源との聞き比べをしたいですね。

130821-otsukai-5-6

今回の参考資料

いしいこうた

いしいこうた

1988年生まれ。編集者。Webマガジンの編集などを経て2013年3月より意味もなくバンコクへ引っ越す。編著書に『GIF BOOK』(BNN新社)など。環ROY『ワンダフル』MVには5秒間タイっぽい映像を混ぜておきました。



TUNECORE JAPAN