LOVE28:天国から閉め出されちゃった!

I LOVE YOUから始める英詩のレトリック by 中山美樹 2014/04/12

欧米の新旧ヒット・ソングから隠れた名曲まで、特に印象的な英詞を紹介するLOVEいっぱいのコラム『LOVEレト』。その28回目はブルーノ・マーズの「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」。これは2012年12月発売の2枚目のスタジオ・アルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』からのリード・シングル曲で、20以上の国で1位を獲得したの。このアルバムは2013年度のGrammy AwardsでBest Pop Vocal Albumにもなったのよ。大人世代にはこの曲を聞いて初期のPoliceを思い出す人もいるはず。本人もこの曲はPoliceの影響を受けていると認めているの。

「Locked Out Of Heaven」by Bruno Mars

 

歌詞に「sex」という単語がハッキリと書かれている曲がヒットするのは珍しいという印象があるのだけれど、この曲に限って言えば「sex」という単語が恋愛の高揚感をさらに表している感じがするわね。「Your sex takes me to paradise」(君のセックスが僕を楽園と誘う)なのに「You make me feel like I’ve been locked out of heaven」(君は天国から閉め出されちゃった気分にさせるんだよ)と言うブルーノ君。paradise(楽園)とheaven(天国)は別物ってことなの。

 

ここでparadiseとheavenの定義をちょこっと見てみましょ。(意味は自分で調べね。)

paradise: 1) a very beautiful, pleasant or peaceful place that seems to be perfect.
2) a place that is perfect for a particular activity or for a person who enjoys that activity。

heaven: 1) a condition or place of great happiness, delight or pleasure.
2) キリスト教の定義だと大文字のHで始まって the abode of God, the angels and the souls of those who are granted salvation.

つまりこの曲でのheavenはキリスト教的なHeavenという意味。「君とのセックスが素敵すぎて罪を犯した気分になる」と言ったら分かるかしら。7つの大罪(Seven deadly sins)の色欲(lust)という罪を犯しているってこと。そんなふうに思ってしまうほど夢中なの。だから……

Never had much faith in love or miracles(愛も奇蹟もこんなに信じていなかった)
Never wanna put my heart on the line(自分の気持ちを危険にさらしたいと思わなかった)
But swimming in your water is something spiritual(でも君という水の中を泳ぐことはスピリチュアルなんだ)
I’m born again every time you spend the night(一緒に夜を過ごすたびに生まれ変わっているんだよ)

sexと相まって「swimming in your water」はセクシュアルなイメージを、「be born again」は信仰を新たにした教徒というイメージを喚起させる見事なイメージの対比よ。キリスト教文化圏で育ったブルーノ本人はきっと無自覚なんだろうけど(笑)。

言葉というのは育った環境や文化が色濃く反映するもの。日本人には日本人ならではの言葉の綴り方があるから、英詞を作る場合にもそれをクリエイティヴに活用して欲しいな。

中山美樹(Miki Nakayama)

ミュージシャンの取材に特化した通訳/翻訳というマニアックな仕事を1980年代終わりから続けている。これまで取材通訳、電話取材、インタビュー翻訳をしたアーティストは数知れず。歌詞対訳したアルバムも数多く、近年は日本人アーティストから歌詞英訳の依頼もしばしば舞い込み、レコーディング時の発音指導も行っている。その愛情あふれる通訳/翻訳でミュージシャン、ライター、編集者からの信頼も厚く、取材現場やライブ会場で仲良しミュージシャンとハグする姿がしばしば目撃される。書籍『ミック・カーン自伝』(リットーミュージック刊)の翻訳も行っている。

TUNECORE JAPAN