NAMM Show2013レポート番外編~注目製品のほかにも、こんなおもしろ楽器(&美女)発見!

コラム by 編集部 2013/03/27

130312-saito-3

1月24日~27日、アメリカ西海岸の都市アナハイムで世界最大級の楽器見本市「NAMM Show 2013」が今年も開催された。各社新製品速報はリットー特派員によるWebレポートや雑誌でもがっつり語られているが、本記事では現地で見つけた「変わりダネ」楽器(と美女も!)をご紹介していこう。

まずはコチラ。

130312-fukasawa-1

横に立っている男性の身長よりも大きいアコギ!! 腕を思い切り広げるか、ウッドベースのようにしないと弾けなそう。しかし、このサウンドホールから猫が何匹入るだろう……

130312-kawai-2

こちらはハープ付きのクラシック・ギター。つまりハープを横弾きするのか、それともハープのときだけ持ち替えるのか。

130312-mochi-4

このディスプレイのギラギラ感たるや!

130312-mochi-3

続いてこちらは、形をプログラムすることで、プラスチック素材の立体模型を自動で作れる機械。これは夢が広がりそうだ。

130312-noguchi-3

テレビモチーフのギター。ポップでいいけど、アンテナがプレイに影響しそう。

130312-saito-1

これまた変な形のギター! お兄さんがアンプを担いでデモ中です。

130312-kawai-1

遠くから見ると手回しオルゴールかなにかにも見えるレトロ・デザインと、ボディのカーブに沿って配された鍵盤が個性的!

130312-kawai-4

こ、これはなんだ……!? 周囲のヒゲのようなものは飾りのようで、中央のツマミでコントロールする、シンセかエフェクターのようだ。

130312-kawai-5

ブリストルのNU DESINEが開発した「AlphaSphere」。演奏スタイルもかなり未来的。

130312-mochi-1

怖ッ!これは個人個人の耳の穴の形状に合わせたイヤーピースが作れるというもので、耳の型を取っているところ。

130312-noguchi-2

コード進行が思いつかない、いつも同じ感じになってしまう……とお悩みの方に。神様に聞いてみよう。

130312-saito-6

手前も積みすぎだけど、後ろのアコギピラミッドもなかなか!

130312-saito-4

雑誌『プレイボーイ』の表紙を飾るプレイガールがちりばめられた「PLAYBOY Guitars」のギター! これだけ美女がそばにいれば、ギター・ヒーロー気分が存分に味わえる。

……というわけで、ここからはアナハイム美女のスナップを一挙紹介!!

NAMM Showで見つけた美女アルバム

130312-saito-girl-2

突如ブースに現れたオリアンティ!

130312-kawai-girl-1

130312-tsuji-girl-1

130312-mochi-girl-3

130312-saito-girl-1

おじさま、嬉しそう。

130312-mochi-girl-2

130312-mochi-girl-1

おまけ。アメリカン・ヒーローがNAMM会場をパトロール中でした。

130312-mochi-girl-4

130312-saito-5

今回も大盛況だったNAMM Show 2013。
もっと見たい! 知りたい! という方、新製品情報やよりディープなレポートが満載の雑誌も、現在発売中ですよ。

NAMM Show 2013レポートを掲載している雑誌

TUNECORE JAPAN