2014年のホワイトデーに聴きたい・贈りたいヒップホップ、ダンス、R&B etc.の良曲たち

コラム by SO 2014/03/14

140314-whiteday

バレンタインデーに女性にチョコやプレゼントをお返しをする日として生まれたホワイトデー。そんな日本独自の風習に頭を悩ます音楽好き男子も多いはず。そんな音楽好きにRandoMではラブソングを使ったお返しの方法を提案。ヒネリのないスイーツのお礼でも女性は怒らないだろうが、恋人や意中の人に送りたくなる楽曲で勝負をかけてみてほしい。また、長年つきあっている相手をちょっと驚かせたいなんて思ってる人にもオススメのホワイトデーソング特集をお届けする。

1. Disclosure – Latch feat. Sam Smith
恋愛初期の高揚感を表現

爆発的な活躍を魅せるイギリス人兄弟デュオが、同じく英国出身のシンガーソングライターSam Smithをフューチャリングした1曲。Disclosureが奏でるスタイリッシュなビートの上でSamが「恋の盛り上がり」をセクシーかつエモーショ ナルなボーカルで表現。付き合ったばかりの恋人との時間や一目惚れの高揚感を盛り上げてくれる。

2. 50 Cent – 21 Questions ft. NATE DOGG
ギャップで乙女心をゲット

ビジネスや映画俳優までこなし、すっかりラップゲームのベテランとして認知されたラッパー50 Cent。そんな彼が超サグなイメージで売り出していた1stアルバムからのスイートなラップソング。本来はゴリゴリのギャングスタ・ネタを得意とする50 Centが、自分の弱さや恋人への思いを吐露したギャップで女性ファンの心を掴むことに成功した。

3. Chet Faker – I’m Into You
冷めてしまった恋愛に

オーストラリアはメルボルン出身の若手シンガー/ビート・クリエイターのChet Fakerによる哀愁系ナンバー。そのワイルドな風貌からは想像しがたい本人作によるチルな変則ビートに、本人のスモーキーな声が重なり切ない仕上がりが 特長。ちょっと冷めてしまった恋人に「君に惚れている」と改めて伝える必要がある人にオススメ。

4.DRAKE – Best I Ever Had
”最高の相手”に送る

ラップだけでなくボーカルを取り入れたスタイルで、デビュー以来瞬く間にスターダムに駆け上がたカナダ人ラッパーのDRAKE。イントロで本人が「混乱させな いために言っておくけど、これは君だけのために書いた曲」と語るように、これまで生きていた中で出会った”最高の相手”に爆音で聴かせてあげたくなる仕上がり。

http://youtu.be/SX6kbN-bOkI

5. Incubus – Wish You Were Here
恋しさを爽やかに詠う

ミクスチャーロックから脱却し、西海岸出身バンドらしいをナチュラルな世界観を展開した名作アルバム『Mornig View』からのシングル曲は、シンプルな歌詞と壮快なロックサウンドが特長。「君がここに居たら……」と遠距離に住む恋人や意中の相手に向けたサビ部分は、爽やかながらどこか切なさを感じさせるナンバー。

7. Kanye West – Bound 2
恋愛はストレートに勝負

最近では自らを”神”と呼ぶKanye Westによる超ストレートなラブソング。PVではこれまでかと言うぐらい妻のKim Kardashianといちゃつきを披露し、俳優のJames FrancoとSeth Roganにパロディムービーを撮られてしまったエピソードもある曲だが、大切な相手にはっきりと思いを伝えたい時に役立つ1曲。

2000年代の曲を中心にお届けした今回のコラムだが、どの楽曲もそれぞれ自分と共有できる部分があるはず。寒くて長い冬も終わり、春の始まりにもなりうる今年のホワイトデーは、曲に乗せて普段からの思いを乗せてみてもいいかもしれない。

TUNECORE JAPAN