聖夜の遅刻もこれで解決!! 恋する二人の鈴特集

コラム by 小島ケイタニーラブ 2013/12/24

131224-suzu-main

東京、19 時――
ガタンゴトン、ガタンゴトン、目の前で発車していく電車。やばい、乗り遅れてしまった。もう間に合わない……
約束していた恋人との大事なクリスマスディナーに遅刻中。言い訳を考えながらスマホをいじるプラットホーム。こんな経験を持つ人も多いのでは。
そんなあなたに朗報です! 聖夜の遅刻、もっとロマンチックに演出してみませんか。

今回ご紹介する商品はこれ。鈴木楽器製作所の「鈴」、SRB-40です!シャーン!

131220-suzuki-1

待ち合わせ場所で悲しく佇む恋人の背後にそっと黒い影。そして聞こえるこの響き。振り向けばそこには鈴を持ったあなたの姿が!

メリークリスマス!

ちょっとの工夫でただの遅刻もロマンチックな演出へと早変わり。
スマホで言い訳していてはダメです。ぜひ鈴を常備しておきましょう

姉妹品のSRB-30もおすすめです。

東京、20 時――

とはいえ、人生はいつでも非情なもの。なんと、待ち合わせにさらに遅刻してしまった……!「先にお店に入っていて」とメールしたものの、気づけば30分以上の遅刻。

そんなあなたにも朗報です。

今回ご紹介する商品はさっきよりも鈴が大きいBL-5。

131220-suzuki-2

予約したディナー・テーブルで悲しく待つ恋人の姿。窓の外、どこからかソリの鈴の音が聞こえてきます。シャンシャンシャーン。

サンタ? こんな荒んだ街にサンタなの? そんなことを思いながら、恋人は耳を澄まし、心が少しずつ癒やされていくはずです。

そして鈴の音がどんどん近づいてきて、お店の中へ。驚きの表情の恋人の前には BL-5 を持ったあなたの姿が!

メリークリスマス!

いかがでしょうか。これで大きな遅刻も帳消しです。シャンパンを注いであげましょう。

この鈴は遠くから少しずつ聞こえてくるのがミソなので、駅の改札を出たらすぐに鳴らし始めましょう。街行く人が振り向くと思いますが堂々としていれば大丈夫。

東京、21 時――

鈴を使って遅刻をごまかそうとしたものの、案の定、恋人はブチ切れ状態。無言でディナーを食べ、お店を出ることになった2人。

しかし、帰り道のスクランブル交差点は師走の人混みで大変な騒ぎ。あまりの人の多さに、あなたはなんと繋いでいた恋人の手を離してしまいました。人混みをかきわけてもかきわけても、遠ざかっていく恋人……

そんなあなたに朗報です!

同社の鈴ラインナップでも圧倒的な数の鈴を搭載したBH-25。

131220-suzuki-3

これを使えば、どんな人混みの中でも恋人にあなたの位置を知らせる音の灯火となるでしょう。

この圧倒的存在感!これさえあれば、はぐれてしまった恋人も愛するあなたを見つけられるはず。最後の仲直りのチャンスにぜひ使ってみましょう!

というわけで――

皆さん、いかがでしたでしょうか。

今回、僕の妄想に付き合ってくださったのは、静岡県浜松市にある鈴木楽器製作所の青山さん。

「鈴木」楽器が作る「鈴」だけに、まさに「鈴オブ鈴」。「マスク・オブ・ゾロ」「インリン・オブ・ジョイトイ」「This Is It」クラスにすごいことです。
青山さん、「鈴」木としてのこだわり、「鈴」界を背負っていく意気込みをしかと受け止めましたよ!

あ、そうですか……社名に鈴が付いていることはあまり意識していなかったのですが、鈴の名に恥じないような、ますますよい音色を響かせていけるような会社であり続けていければ、と思います!」(青山さん)

最後に、これからディナーやパーティーで鈴を鳴らそうと思っている皆さんに何か一言。

思いのままに、振って頂いて楽しんで頂ければいいと思いますよ!」(青山さん)

みなさん、よいクリスマスを。シャンシャンシャーン! シャンシャンシャーン!  シャンシャンシャーン! シャシャシャシャーン!

小島ケイタニーラブ

小島ケイタニーラブ

ミュージシャン。2012年に初のソロ作品『小島敬太』(WEATHER/HEADZ)を発表。2009年にバンド「ANIMA」としてデビュー後、作詞・作曲・歌唱・音響デザインなどを通し、様々なアーティストとコラボレーションを開始。11年から始まった朗読劇『銀河鉄道の夜』(作家・古川日出男、詩人・管啓次郎、翻訳家・柴田元幸、小島ケイタニーラブ)は現在も全国で公演を重ね、今年7月にはその活動を追ったドキュメンタリー映画「ほんとうのうた」(河合宏樹監督)が公開される他、CDブック「ミグラード 朗読劇『銀河鉄道の夜』」(2013年・勁草書房)を刊行するなど、活動の幅を広げている。また、舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー13」では、東京芸術劇場にてアジア初披露となる〈リミ ニ・プロトコル(ドイツ)〉による作品をゴンドウトモヒコ(pupa)と共に担当した。 今年2014年1月からは西麻布のブックカフェ"Rainy Day Bookstore & Cafe"にて隔月イベント「ラブナイト」を開催。5月11日にイラストレーターの黒田征太郎を迎え、第3回を開催する。



TUNECORE JAPAN