誌面連動

MI JAPANベース・クリニック

  • コピーしたフレーズを発展させるには!?/MI Japan ベース・クリニック

    コピーしたフレーズを発展させるには!?/MI Japan ベース・クリニック

    プレイの持ちネタを増やすには、名手のフレーズをコピーすることが何よりの早道! しかし、それを“自分のフレーズ”として使いこなすためには、分析とアイディア、そしてコードの知識に基づく応用力が求められる。今回は、そのための手順を勉強していこう。

    佐藤健二 2013/08/16

  • ビギナーのためのスラップ・テクニック/MI Japan ベース・クリニック

    ビギナーのためのスラップ・テクニック/MI Japan ベース・クリニック

    スラップに憧れて練習を始めたはいいけれど、“どういうフレーズを弾いたらいいのか……”なんて、早くも壁にぶつかっていませんか? 今回は、そんなビギナー諸君にバッチリの練習素材を伝授。これをマスターしたら自在に組み合わせて、自分だけのフレーズを考えてみるのも楽しいぞ!

    南埜啓 2013/07/16

  • ピック弾きの可能性を再検証!/MI Japan ベース・クリニック

    “ベースで速弾き! ”というと、なにやら偏ったプレイに思われがち。しかし技巧的なプレイには、ピッキングや運指といった基礎力の高さが求められるのも事実だ。それを逆手に取れば、あらゆるベーシストに向けた基礎トレに生かせるのでは……!? 今回は、そんな斬新な発想に基づく練習法を伝授しよう!

    河本奏輔 2013/06/16

  • ピック弾きの可能性を再検証!/MI Japan ベース・クリニック

    ピック弾きの可能性を再検証!/MI Japan ベース・クリニック

    基本中の基本がゆえに、軽く見られてしまいがちなピック弾き……。しかし歯切れの良いリズムとクリスピーなトーンは、この奏法ならではのものだ。ビギナーも熟練者も、そして指弾き主体のベーシストも、改めてピック弾きの奥深い魅力を見直してみてはいかが!?

    Mars 2013/05/16

  • オルタネイト・フィンガー・ピッキングを極める!/MI Japan ベース・クリニック

    オルタネイト・フィンガー・ピッキングを極める!/MI Japan ベース・クリニック

    突然ですが、指弾きベーシストの皆さん! オルタネイトを守って弾いていますか? 無意識のうちにレイキングなどに頼ったラクな運指に陥りがちだが、実はコレ、音色やニュアンスにも影響を及ぼす大事なポイントなのだ。今回のレッスンを通して、きれいなオルタネイトを身につけておこう。

    小坪真吾 2013/04/16

  • ひたすら弾きこむインターバル練習/MI Japan ベース・クリニック

    ひたすら弾きこむインターバル練習/MI Japan ベース・クリニック

    今回は、スケールのインターバルを取り入れた総合トレーニングを紹介しよう。一見するとメカニカルな運指練習のようだが、プレイヤーの取り組み方次第でさまざまな効果が得られるうえに、難易度だっていくらでもアレンジできる優れモノ。簡単に見えて、実は奥が深いトレーニングなのだ!

    山住隆 2013/03/16

  • フレットレスで弾くロック・フレーズ/MI Japan ベース・クリニック

    フレットレス・ベースのイメージと言えば、まずは“シブい”“弾くのが難しそう”なんて声が聞こえてきそうだが、食わず嫌いはもったいない。その味わい深いトーンやニュアンスなど、この楽器が持つ独特の色気はロックにも映えるのだ。今回は、そんなフレットレスの意外な活用方法を伝授しよう!

    Y.O.U. 2013/02/16

  • 7thのコード・トーンを使ったエクササイズ/MI Japan ベース・クリニック

    “もう少し気の利いたベース・ラインを作りたい”……そんなときに役に立つのがコードの知識だ。基本の3和音に加えて、脱初心者を目指すならばワン・ステップ上の4和音、特に7th系コードを知っておくことは大きなメリットになる。今回は7th系コードを使いこなすための考え方とエクササイズを伝授しよう。

    澤 健太郎 2013/01/16

  • スライド&グリスでフレーズをうねらせろ!/MI Japan ベース・クリニック

    スライドやグリスは簡単でハデな効果が得られる反面、使いどころにはセンスが問われるものだ。さらに突き詰めて考えると、フレーズ自体のニュアンスを変えるのに役立ったりと、実は“深い”テクニックでもある。今回は、意外と知らないスライド&グリスの効能と、その活用法について勉強していこう。

    山本直哉 2012/12/16

  • アドリブで弾ける! ファンキー・ベース・ソロ入門/MI Japan ベース・クリニック

    “曲中で颯爽とアドリブ・ソロをキメる”というのは、多くのベーシストが憧れる姿だろう。一聴するとハードルはかなり高そうだが、ここで紹介するアイディアさえ知っておけば、実は意外と簡単に弾けてしまうものなのだ。今回は、ファンキーなスラップ・ソロの組み立て方について学んでいこう。

    zunny 2012/11/16

TUNECORE JAPAN