変拍子はこんなにおもしろい!/MI Japan ベース・クリニック

MI JAPANベース・クリニック by 山住隆 2010年9月19日

難解で取っつきづらいイメージのある変拍子……しかし、ちょっとしたコツを掴めば簡単に弾けるようになるのだ! 第13回目となる今回は、そんな変拍子の攻略法を紹介していこう。捉え方次第で、変拍子はこんなにもおもしろくなるぞ!

INTRODUCTION

はじめまして、MI JAPAN 札幌校BIT科インストラクターの山住です。今回は変拍子をテーマに、その攻略法や実践フレーズを取り上げて行きたいと思います。

変拍子と聞くと難解なイメージを持ってしまう人が多いと思いますが、ちょっとしたコツを掴み、慣れてしまえば普通の4拍子をプレイするのと何も変わりません。逆に4拍子でも、変拍子のようにトリッキーなパターンはたくさんありますよね。

実は普通のポップスなどでもアレンジ上のテクニックとして変拍子が用いられている例がたくさんあり、曲中に一瞬の緊張感をもたらしたりと、その効果は大きいのです。そんな変拍子を、楽しく攻略していきましょう!

 

▼対応動画【MI×ベーマガ】OPEN HOUSE/山住隆#1

▼対応動画【MI×ベーマガ】OPEN HOUSE/山住隆#2

EXERCISE:ポイントは”フレーズを分解して体で覚える”こと!

変拍子フレーズは、細かくカウントしていくよりも”とにかく弾き込んでフレーズ単位で解釈し、体で覚える”のが攻略の近道です。僕にしても、実際に演奏しているときに細かな数は数えていません。フレーズを口ずさんでみたり、捉えやすいように拍子と同じ文字数の単語を当てはめたりしてみると上達も早いでしょう。

Ex-1:5/4拍子

mi_bm_2010_09_score1

まずは入門篇として、5/4拍子【Ex-1a】から見ていきましょう。もちろん1小節に4分音符が5つ詰まったもので、これをもとにバリエーションを提示していきますので、まずは拍子の感覚を体に染みこませましょう。 

【Ex-1b】(対応動画#1- 2:32から)は8分音符で構成された基本パターンで、4/4拍子に1拍(=8分音符×2)分が増えただけなので問題はないでしょう。

【Ex-1c】(対応動画#1 – 2:56から)は休符を加えて8分のウラを強調したパターン、【Ex-1d】(対応動画#1 – 3:34から)ではさらにシンコペーションを入れてみます。ここでつまずいてしまった人は、オルタネイトの順番を守り、ウラとオモテをきっちり感じて弾くようにしましょう。

【Ex-1e】(対応動画#1 – 4:11から)のようなアタマ抜きのパターンも弾いてみてください。

【Ex-1f】(対応動画#1 – 5:00から)は先に登場したEx-1dとeをつなげて、休符もなくしてみました。小節間がシンコペーションしているのがキモで、しっかりフレーズを体に染みこませていないと、アタマを見失ってずれてしまいます。

Ex-2:7/8拍子

mi_bm_2010_09_score2

【Ex-2a】は、1小節に8分音符が7つ入ったものです。Ex-1に比べてフレーズが長くなってきますが、1小節のフレーズを2つ(4→3)、または3つ(2→2→3)のパターンに分けて考えると攻略しやすくなるはずです。

【Ex-2b】(対応動画#1 – 8:37から)は4小節のパターンですが、このような長いフレーズでアタマを見失なわないためには、やはり体で覚えてしまうことに尽きます。フレーズを覚える段階では”数を数える”という手段は有効ですが、実際にライヴやレコーディングで弾くにはあまり向いていません。余談ですが、7/8拍子や、次に登場する9/8拍子に慣れるためには、クリックを4分音符で鳴らして、1小節ごとにクリックが裏返ってもアタマをキープできる感覚を養うトレーニングをオススメします。

Ex-3:9/8拍子

mi_bm_2010_09_score3

【Ex-3a】は、要するに4拍子に8分音符をひとつ加えたものです。これもいくつかの単位に分解して考えると早いのですが、この場合は【Ex-3b】のような4→5、または4→2→3という解釈が良いでしょう。

この考え方で【Ex-3c】(対応動画#1 – 10:55から)を弾いてみると……だいぶ自然にプレイできませんか?

Ex-4:11/8拍子

mi_bm_2010_09_score4

【Ex-4a】は1小節に8分音符が11個も入ったパターンです。このように分子の数字が増えてきた場合には、”4/4拍子+8分音符を3つ分”のような足し算以外に、”12/8拍子(あるいは6/4拍子)から8分音符をひとつ引いたもの”という引き算での解釈もしやすくなります【Ex-4b】

また、これもプレイヤーの解釈次第ですが、フレーズの区切り方次第で【Ex-4c】(対応動画#2 – [左側]1:56から・[右側]2:58から)のような5/8と3/4を組み合わせた2小節パターンと捉えることもできます(僕はこの感覚で弾いています)。もちろんノリやアクセントの位置は変わってくると思いますが、こう考えると単純なパズルのようなものですよね。

Ex-5:13/16

mi_bm_2010_09_score5

1小節のなかに16分音符が13個入ったのが、【Ex-5a】です。なにやらすごそうですが、これは【Ex-5b】のように3/4拍子に16分音符をひとつ加えたパターン、あるいは7/8拍子から16分音符をひとつ引いたパターンとも解釈できます。

【Ex-5c】(対応動画#2 – 6:38から)のフレーズも、こう考えてみると簡単ですよね。ここでは応用練習として【Ex-5d】(対応動画#2 – 8:42から)に挑戦してみてください。これは13/16拍子を基本に、2小節を3/4に、4小節を7/8にしたフレーズで、要するに基本パターンから16分音符をひとつ引いた(12/16=3/4)、または足した(14/16=7/8)ものと言えます。

Ex-6:4/4&変拍子の複合パターン

mi_bm_2010_09_score6

最後に、変拍子の効果を体感するために【Ex-6】(対応動画#2 – 10:36から)を弾いてみてください。これは先のEx-5cに近いコンセプトで、4/4拍子を基本に、4小節を7/8に、8小節を9/8にしたものです。変拍子の部分を弾いてみると……どうでしょう? 基本パターンから音符を減らすことによって緊張感が生まれ、また音符を増やすと少し間延びしたように聴こえませんか? こういった変拍子が曲中に入ることで、おもしろい効果を演出することができるのです。

最後に……

ここまで練習してきてどうでしたか? 変拍子というプレイのパズルを解いていくようなおもしろさや、分解して考える楽しさが少しでも伝わったなら嬉しいです。僕自身、このような変拍子はすべてプログレッシブ・ロックのバンド(イエスやキング・クリムゾン、ピンク・フロイドなどなど、興味を持った人は聴いてみてください!)から学びました。”4/4拍子とは何か違う!”という変拍子の気持ちよさ、ぜひとも取り入れてみてください!

山住隆(やまずみたかし)プロフィール

mi_bm_2010_09_instructor北海道を代表するHMバンドSABER TIGER に、89〜95年にかけて在籍し、全国ツアーやレコーディングなどで活躍。97年以降はMI札幌校のBIT科講師に就任し、おもにプレイング・テクニック(運指や演奏の基礎)、リーディング・テクニック(読譜の知識)、またロックやブルース系のアンサンブル・レッスンを担当している。近年では、プログレ系を中心に、AORやブルース系のライヴ/レコーディングも手がけるなど、幅広く活動する。

 

■本記事について

本記事は、『ベース・マガジン2010年9月号』掲載のページを転載したものです。

→『ベース・マガジン2010年9月号』の詳細を見る

MI JAPAN OPEN HOUSE:3誌連動・動画クリニック

mijapan-footerlogo.jpg

MI Japanは、ハリウッドにある世界最大級の音楽学校MI(MUSICIANS INSTITUTE)の日本校として、全国6ヵ所に拠点を置くミュージシャン養成機関。

MI JAPAN各校の詳細はmusicschool-navi.jpで!

OPEN HOUSEロゴ

MI Japanのプログラムを1日に凝縮した体験レッスンのこと。レギュラー講師によるクリニックなどにも,レベルを問わず誰でも参加可能。参加には予約が必要。スケジュールなどは、http://www.mi-japan.com/event/open-house.htmlでチェック!

3誌連動動画クリニックに登場した講師陣のプロフィールはこちら

TUNECORE JAPAN