渡辺建 meets TASCAM GB-10~日々の練習の強い味方、 GB-10の魅力を徹底紹介!

特集 by 撮影:八島崇 2011年4月19日

110324-tascam-bm4-main4

高品質なレコーディング機材に定評があるブランド、タスカムから新たにギター/ベース用のトレーニング・ツールがリリースされた。このGB-10は、小さな筐体からは信じられないような機能を持つ逸品だ。練習には不可欠のチューナーやメトロノーム、曲の音程を変えずにテンポを変更できる機能、取り込んだ曲に合わせて弾いたベースをその曲にオーバーダビングできる録音機能など、その内容は実に多彩。そんな日々の練習を快適で、効率的に行なうことができる便利ツールを、ベテラン・ベーシストである渡辺建にチェックしてもらった。

ポータブル・ギター&ベース・トレーナー/レコーダー
GB-10とは?

110413-tascam-bm4-6

▲本体裏の電池パック内に設けられたSDカードの挿入口。付属の2GBのものでは、約200分ものデータを録音/保存することができる。

 

110413-tascam-bm4-2

▲チューナー機能には、一定の音程を発振するオシレーター・モードも内蔵している。バンドでピッチの調整をする際などに重宝するだろう。

 

110413-tascam-bm4-5

▲フット・スイッチ(別売り:RC-3F)を接続すれば、ハンズフリーでの操作が可能となる。上の画面でスイッチそれぞれの機能を設定する。

 

110324-tascam-gm2-1

GB-10は、40年以上の歴史を誇るレコーダー・ブランド=タスカムからリリースされた、新たなギター/ベース用練習ツールだ。MP3/WAVファイル対応の本機は驚くほど軽く小さいので、自宅練習はもちろん、チューナー感覚で持ち歩いて外出先などで活用することも容易だ。さまざまな現場を行き来しながら練習やコピーをするベーシストにとって、大きなサポートとなるだろう。また、録音メディアがSDカードという点もポイント。例えばCDから課題曲を取り込んで、ライブラリとして拡張できるのだ。さらに、GB-10には練習やコピーを効率的に行なえる機能が多く搭載されている。早速紹介していこう。

まず、耳コピをする際に大きな効果を発揮するのがVSA機能だ。これは本機に取り込んだ曲の音程を変えずに、テンポを0.5倍速から1.5倍速することができるというもの。これを使えば、今まで速すぎて聴き取ることのできなかったベース・ラインをじっくりコピーすることができる。さらに、曲中の任意の区間を繰り返し再生できるループ機能と組み合わせれば、苦手な箇所を重点的に鍛えられる。いちいち巻き戻しボタンを押す必要がないので、反復練習に没頭したいベーシストにはうってつけなのだ。また、取り込んだ楽曲のキーを半音単位で6段階まで上下させることができる、キー・コントロール機能にも注目したい。これを使えば、バンドで曲のコピーをする際に、ヴォーカルなどのキーに合わせた演奏がどんな雰囲気になるのか、簡単にシミュレートできるのだ。

“ベースをコピーするだけでなく、アンサンブルで練習したい!”というベーシストには、録音機能がオススメだ。これは自分のフレーズを録音できるだけではなくて、取り込んだ楽曲にオーバーダビングもできてしまう。つまり好きなバンドとセッションをする感覚で弾いた自分のベースを、アンサンブル全体と合わせて聴けて、ハーモニーなども確かめられるというわけだ。もちろん、お手本のプレイと照らし合わせて、コピーしたラインの正誤確認などを行なってもいいだろう。  以上のように、GB-10は今までの練習環境をガラリと変えるような多彩で便利な機能を持っている。”練習はめんどくさい”と思っているベーシストには、ぜひオススメしたい逸品だ。

第一印象

まず、コンパクトなのがいいですね。本体に曲を取り込んでしまえば、出先で練習するのにディスクを何枚も持ち歩く必要がない。あと、僕はコンピューターをまったく使わないんだけど、簡単に操作を覚えられますよ。デジタルなものに慣れてない人でも大丈夫。ボタンひとつで、求めている機能がわかりやすく出てきてくれるんですよ。

110413-tascam-bm4-1

▲キー・コントロール機能は、KEYボタンとVALUE+/−ボタンを押すだけで設定可能だ。半音単位で上下6段階まで対応している。

ベース・トレーナー機能

VSA機能は、技術を習得する段階での下地作りには絶対いいですね。僕もそうだったけど、若いときは自分の技術を磨きたくてしょうがないんですよね。そういうときに、スピーディなベース・ラインをスローで練習して、だんだんオリジナルのテンポに戻していくのはいいんじゃないかな。逆に速くしたりもできるんですね。ということは、オリジナルのテンポで弾けるようになったら、テンポを上げてみようっていうことなのかな? これはすごいや(笑)。キー・コントロールは、既存曲をバンドでコピーするときに便利だと思います。ヴォーカルのキーに合わせなきゃいけないときとか、曲全体がどんな雰囲気になるのかをシミュレートできるんですね。やっぱり同じ曲でも、半音違うだけでアンサンブルの全体像が変わってくるので、キーを変えたときの印象の変化とか、アレンジするときにベース・ラインをどう変えるかってときに役立つと思います。大げさなシステムを組まなくても、データを入れてコレを持っていけば、そういう宿題みたいなことができるんですよね。

110413-tascam-bm4-3

▲一定のレベル以上の音声が入力されると録音が開始される(録音開始レベルは、任意で設定可能)、オート・レック機能も内蔵している。

録音機能

例えば、プリプロダクションの音源とかをレコーダーで録って、GB-10に取り込んで旅先でチェックするっていう使い方は良いかもしれないですね。特に若いベーシストが、予習や復習に使うにはピッタリだと思います。それにオート・レック機能は、出先で思いついたフレーズをメモしたいときに便利ですよね。

110413-tascam-bm4-3

▲エフェクト機能はコーラスやリヴァーブなどだけでなく、8種類ものアンプ・キャビネットをシミュレートしたサウンドまで選択できる。

エフェクト機能

プリセットの設定が荒めだけど、逆に細かい調整がいらないからいいですね。こういうツールであまり精密にやってもライヴで鳴らす音とは違うので、これくらいがちょうどいいですよ。数値が”1″違うだけで効果がはっきり出るし、練習するときに、おおまかにこんなエフェクトをかけたいとか、こういう雰囲気を出したいってときに使えますよね。エフェクトのバリエーションも最低限のものはすべて揃っているので、特に初心者の人が、音作りのガイドにするにはいい機能だと思いますよ。

総評

本当のコピーっていうのは、ただ単にベースだけコピーして”はい終わり”じゃなくて、コードまでコピーしないとダメだと思うんです。そういう意味でGB-10は、これらの機能を使いながら、そのほかの音もコピーできるのがいいですね。例えばテンポを遅くするVSA機能は、ベース・ラインが速いからっていうんじゃなくて、コードとかをちゃんと聴き取って、ラインとコード・ネームを把握するために使うとか。そういう作業って普通はすごく時間がかかるんだけど、これを使えばかなり短縮することは事実ですよね。音質も練習には充分なくらいだし、曲を取り込むことで、音楽を楽しみながら練習できます。出先でもちゃんと練習したいなら、こういうのを持ち歩くのが良いかもしれないですよ。

 

110413-tascam-bm4-7

渡辺建

わたなべけん●1953年6月生まれ、東京都出身。大学在学中にベーシストとしてのキャリアをスタートさせ、76年にフュージョン・バンドのプリズムを結成した。2001年にグループを脱退して以降は、ソロ・プロジェクトや幅広いアーティストのサポート、ミュージカルでの客演を中心に活動している。6弦ベースを使った流麗なプレイに定評がある。

http://www.ken-watanabe.net/

 

TASCAM GB-10

110324-tascam-gm2-1

価格:オープン・プライス(市場実勢価格:15,000円前後)

GB-10の製品詳細を見る(TASCAM):http://tascam.jp/product/gb-10/overview/

 

SPECIFICATIONS

●記録メディア:SDカード(64MB~2GB),SDHCカード(4GB~32GB)●録音ファイル・フォーマット:WAV ●再生ファイル・フォーマット: WAV,MP3●入出力端子: GUITAR IN端子,ヘッドフォン/ライン・アウト端子,USB端子(コネクター:USB mini-B タイプ4ピン フォーマット:USB 2,0 HIGH SPEED 480MHz),REMOTE端子(2.5mmステレオ・ミニ・ジャック,別売フット・スイッチRC-3F専用)●寸法:158(W)×30(H)×70(D)mm ●重量:160g(電池を含まず)●内蔵エフェクト:アンプ・シミュレーター(リバーブ),コンプレッサー,FX(コーラス/フランジャー/フェイザー/トレモロ/オート・ワウ/ディレイ)●電源:単3形電池×2(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池),またはAC アダプター(PS-P520:別売),またはUSBバスパワーから供給●付属品:SDカード(2GB,本体に装着済み),USBケーブル

お問い合わせ

タスカム・カスタマー・サポート:0120-152-854
http://tascam.jp/

本記事の内容は、ベース・マガジン誌面に掲載されたものを元に再編集しています。

TUNECORE JAPAN