理屈や理論なしで超絶フレーズが弾けるようになるトレーニング

コラム by 講師:河辺 真 2010年6月25日

atrandom_pickup2_1

近年、派手なベース・ラインの楽曲が増え、よりテクニカルで刺激的なプレイを好むベーシストが多くなってきた。そこでここでは、理屈や理論なしで超絶フレーズが弾けるようになるトレーニングを2つ紹介しよう。

100625_kawabe

トレーニング譜例作成・講師紹介:河辺 真

[プロフィール]
smorgasのベーシストとしてメジャー・デビューして以来、ERSKIN、CORNER、MARS EURYTHMICSなどのバンドに在籍。特定の演奏スタイルや音楽ジャンルに捕らわれない雑食性の高さと、確かな演奏力が評価されている。また、エフェクターを自作するほどの機材マニアで、楽器や機材に関する知識も豊富。『ベース・マガジン』やベース教則本での執筆のほか、NOAミュージックスクール国立音楽院にてベース講師も務めている。

 

テスト:まずはこの譜面を弾いてみよう

▼譜面はクリックすると大きくなります。

ハンマリング大活躍のハイ・スピード・スラップ

100610_b_01-thumb-800xauto-22794

連打だけでは限界のあるスラップも、ハンマリングなど左手技を効果的に加えれば、飛躍的にスピード・アップ!知らなきゃ損する常套手段だ!

 

弾いたら以下をチェック!

 

チェック 1:なぜかハンマリングでうまく発音できない

そんなキミはこのフレーズを反復練習 ≫≫≫一定のサムピングでハンマリング発音強化

100610_b_02-thumb-800xauto-22796

ポイント 1:力技ではなく、左指のスピードでハンマリングしよう
ポイント 2:基本の3音1セット・パターンを覚えよう

 

チェック 2:ハンマリングの使い所がよくわからない

そんなキミはこのフレーズを反復練習 ≫≫連続ハンマリング+サムピングの詰め込みスラップ

100610_b_03-thumb-800xauto-22798

ポイント 1:ハンマリング→サムピング・パターンを覚えよう
ポイント 2:指を弦に引っかけ、プリングでもしっかり発音しよう

 

100625_RM1813B_100[講師最新作]

『ひたすら弾くだけ!超絶ベース・トレーニング』
A4変型判/96ページ/CD付き/1,575円/2010年5月19日発売

理屈・理論は不要!”ひたすら弾くだけ”で超絶フレーズをマスターしようという、肉体プレイ派ベーシストのための教則本。派手なスラップやタッピングにとどまらず、変拍子/ポリリズム、コード弾き、ソロ・ベース、刺激的なスケールまで網羅。ジャンルも多彩で音楽的バランス感も養われ、合理的かつ効率的に超絶テクを身につけたいというベーシストにおすすめ。

河辺 真 オフィシャルブログ by the seaside

 

RandoM_09_s

こちらもよろしく!
フリー・マガジン『RandoM』vol.9

※楽器店・音楽スタジオなどで無料配布中

TUNECORE JAPAN