AGM72″中村善郎直伝!「涙そうそう」で始めるボサ・ノヴァ弾き語り”

マガジン連動 by 演奏:中村善郎 撮影:八島崇 イラスト:小阪裕子 2017年4月17日

スクリーンショット 2017-04-16 17.13.08

やりたい!と思っていても、
なかなかハードルが高いと思われがちなボサ・ノヴァ弾き語り。

そこで、今回のノウハウ企画では、
一般的によく知られている「涙そうそう」をベースに
ボサ・ノヴァ弾き語りに挑戦できる企画を掲載しています。
題して

「涙そうそう」で始める! ボサ・ノヴァ・弾き語り!!

講師は本誌の人気連載
“形で覚えるボサ・ノヴァ・ギター”でお馴染みの中村善郎
ギター初心者でも挑戦できるよう、理論はほぼナシでトライできる
内容になっています。
堅苦しく考えず、まずはメロディを知っている曲で、
ボサ・ノヴァのテイストを弾いてみましょう!
誌面にはこの模範演奏の楽譜を掲載しているので、
誌面の譜面、そして模範演奏動画と合わせてぜひお楽しみください!

なおこの企画は、
2017年5月21日(日)にTOKYOハンドクラフトギターフェスにて開催する
実践型ワークショップとも連動しています。
まずはその予習版として、本誌で予習、
そして当日のワークショップでは直接本人が
さらに深く掘り下げるという二度美味しい企画になっていますよ♪
ワークショップは現在参加者募集中です!詳細はこちら

●模範演奏動画

●基本のリズム

A-257_2
Profile なかむらよしろう:1977年、遊学中のブラジルで
ボサ・ノヴァ・ギターに出会い、開眼。同時にポルトガル語に
よるオリジナル曲を作り始め、帰国後に本格的に活動を開
始する。1990 年に『リテラリオ』でデビュー。以降は日本に
おけるボサ・ノヴァの草分け的存在として、またシーンの第
一人者として活躍。ソロ以外ではさまざまなアーティストと
共演する他、プロデュースやナレーターなども行なっている。
最新作は昨年発表された、ピアニスト橋本一子との『duo』。

TUNECORE JAPAN