アコパラ2015 SPECIAL REPORT

マガジン連動 by 編集部 於:2015年6月28日@TOKYO FMホール            2015年9月17日

logo

島村楽器がプロデュースする全国規模のアコースティック・ライブ・イベント“アコパラ(アコースティックパラダイス)2015”全国大会が,去る6月28日にTOKYO FMホールにて開催された。今回が初の全国版となり,11地区・島村楽器122店舗への応募総数は1,896名というから驚きだ。その中から厳選された11組がTOKYO FMホールに集結し,思い思いのパフォーマンスを披露した。アコギをメインとした楽曲であれば, 弾き語りでもアンサンブルでもOK。ジャンル不問でオリジナルもカバーもアリ,ということでコンテストというよりは,オムニバス形式のフェスティバルといった趣で,それぞれの個性を如何に出せるかが受賞の鍵となった。

グランプリは,ブルージィなギター・プレイと独特な詞の世界で会場の空気を一変させた目黒寿安(神奈川地区代表)の手に。他の出演者がエレアコを使用していたのに対し,エアーのマイクでマーティン000-18のピュアな生音を創出していたことも受賞のポイントであっただろう。準グランプリは九州地区代表のweatherkingがゲット。本来ふたり組のユニットで活動しているそうだが,今回は諸事情により,ボーカル&ギターの戸田賢悟ひとりの弾き語り。不在である相方の分まで気合いが入ったのか,ギブソンJ-45を手にのびやかな歌声を聴かせた。この他は,優秀賞:あざらし(千葉地区代表),ベストプレイ賞:Duck Tetsuya (東北地区代表),オーディエンス賞:パルケヴェインテ (東北地区代表)が受賞。また,スペシャル・ゲストには,同社のコンテスト“HOTLINE”ジャパンファイナルで優秀賞を受賞し,2005年のデビュー以来,活動を続けるアコースティック・デュオ“松千”によるミニ・ライブも行なわれた。

全国からアコースティック・ギターを楽しむ人々が集い,各々の個性をぶつけ合う“アコパラ”。今後継続していくであろうこのイベントに要注目だ。

 

l_グランプリ
グランプリ 目黒寿安(神奈川地区代表)
l_準グランプリ
準グランプリ weatherking(九州地区代表)
l_優秀賞
優秀賞:あざらし(千葉地区代表)
l_ベストプレイ賞
ベストプレイ賞:Duck Tetsuya (東北地区代表)
l_オーディエンス賞
オーディエンス賞:パルケヴェインテ (東北地区代表)

l_ゲスト_松千

ゲスト:松千

l_集合写真

全員で!

 

島村楽器アコパラ2015オフィシャルサイトはこちら

 

TUNECORE JAPAN