【初心者向けガイド】はじめよう!ウクレレ(その3)

はじめよう!ウクレレ by   2009年9月16日

初心者向け、ウクレレ購入のガイド。メーカーの紹介や、価格帯別の特徴を紹介します。

 

090901_ukubigi_top.jpg

 

ウクレレを購入しようと思い、いざ楽器屋さんへ行ってみると、値段もさまざまで、3,000円くらいから10万円を超えるものまでと、どれを買えばいいのかわからなくなってしまうかもしれません。そこで、ここでは初心者に向けて、ウクレレを選ぶときのポイントを紹介します。

 

値段について

ウクレレの値段はまさにピンキリ。ですが正直に書くと、やはり値段が高ければ品質の良いウクレレである可能性が高くなります。ただし、「安いから絶対にダメだ!」と言い切れないのも真実であり、難しいところでもあります。

では、これからウクレレを始めたい!という人は、いくらくらいのものを買えばいいのでしょうか。以下に価格帯ごとの特徴を挙げてみますので、参考にしてみてください。
ただし、中古品や特価品の場合や、新品でもすべてのウクレレにあてはまるものではありません。あくまでも目安としてください。

【2〜5万円】
初心者はこの価格帯がおすすめ。
部品や作りの品質が悪いということはほぼないレベル。

【5万円〜10万円】
さまざまな材のウクレレがラインナップされている価格帯。
音の個性・特徴や、サイズ・形状などの違いを吟味して選びたい人向き。

【10万円以上】
楽器として完成度が高く、装飾が豪華なもの、高価な材料が使われているもの、ヴィンテージ物など。

 

選び方のポイント

それでは、実際にウクレレを選ぶときには、どのような点に注意すればいいのでしょう? 主な注意点や、ウクレレを選ぶときのコツは以下のとおりです。

【音】
音は、好みに個人差があるので一概には言えませんが、乾いた感じの明るい音がすれば良い音のウクレレといえるでしょう。
初心者だから音の違いなんて分からないという人は、楽器店の人にお願いして、音を聞かせてもらうことをお勧めします。弾けないなりにもウクレレをポロンと鳴らしてみたり、店員さんに弾いてもらうなどしてみましょう。たくさんの音を聴くと、自分の好みが分かってくると思います。

【全体的なつくり】
ウクレレの全体的なつくりをチェックしましょう。
接着剤がはみ出ていたり、ボディに割れ目があるようなものは避けましょう。

【フレット】
フレットが奇麗にそろっているか? フレットの表面がデコボコになっていないか? 指板から浮いておらず、きちんと取り付けられているかを確認しましょう。
フレットはウクレレの演奏には重要な役割を担っていますので、注意が必要です。

【ペグ】
ガタガタしていないか、スムーズに回るかといった点に注意してチェックしましょう。
ペグがきちんしていないと、演奏中にチューニングが狂ったり、何度チューニングしてもなかなか合わないなどの症状が出ます。ウクレレをある程度弾ける人は、チューニングがきちんとできるかどうかチェックしましょう。

【見た目・感触】
気に入ったデザイン、色のものを選ぶというのもおすすめの選択方法です。
そして、実際にウクレレを手に取ってみましょう。持った感じはいかがですか? 自分の手にしっくりとくるようなウクレレだと上達も早いと思います。
なお、ウクレレを手に取ってみるときは、必ず店員さんの了解を得てからにしましょう。

 

ブランド(メーカー)について

初心者のうちは、ブランドの違いなど、なかなかわからなくて当然ですが、ウクレレに慣れ親しんでくると、メーカーごとの特色がはっきりわかるようになると思います。以下に主なウクレレ・ブランドを紹介します。

 

090903_head_famas.jpg

【Famous(フェイマス)】
フェイマスは昭和30年に誕生した、日本の「キワヤ商会」のブランド。コンサートタイプやテナータイプのウクレレなど、幅広いラインナップをそろえる日本のトップブランドです。低価格で高品質が特徴。
[フェイマス オフィシャルサイト]
>>>フェイマスのウクレレをデジマートで探す

 

090903_head_kama.jpg

【KAMAKA(カマカ)】
1916年に設立されたカマカは、ハワイ最大のメーカー。パイナップル・ウクレレを考案したのもカマカです。
[カマカ オフィシャルサイト]

>>>カマカのウクレレをデジマートで探す

 

090903_head_Gst.jpg

【G String(Gストリング)】
1993年にデレク・シミズがハワイ・オアフ島の小さな工房からスタートし、現在はハワイにおける3大メーカーのひとつと数えられるブランドです。
[Gストリング オフィシャルサイト]

>>>Gストリングのウクレレをデジマートで探す

 

090903_head_koaloha.jpg

【KoAloha(コアロハ)】
ハワイを代表するウクレレ・ブランドのひとつで、家族でウクレレを製造しているアットホームなメーカー。ヘッドの形状とサウンドホールの形に特徴があります。
[コアロハ オフィシャルサイト]

>>>コアロハのウクレレをデジマートで探す

 

090903_head_martin.jpg

【MARTIN(マーティン)】
アコースティックギターで世界的に有名なメーカー、マーティン社もウクレレを製造しています。有名なモデルは、スタイル0からスタイル5。特にマホガニーのスタイル5はコレクターズアイテムになっているほどです。
[マーティン オフィシャルサイト]

>>>マーティンのウクレレをデジマートで探す

 

 

>>>デジマートでウクレレをダイレクト検索

ウクレレを習いたい人はこちら

>>>「ミュウスク・レッスン」で全国のウクレレ教室を検索
>>>「ミュウスク・レッスン」検索トップページ

【関連記事】
>>>連載コラム:ウクレレ日和〜ウクレレと過ごす日々を描いた、”はじめましてのウクレレ記録”

 

090902_book.jpg

>>>リットーミュージックのウクレレ関連書籍
>>>リットーミュージックのウクレレ関連DVD
>>>リットーミュージックのウクレレ関連楽譜
>>>『ウクレレ・マガジン』最新号

TUNECORE JAPAN