AGM71トニーニョ・オルタさん取材時の様子をパシャリ

ブログ by 編集部 2017年1月19日

スクリーンショット 2017-01-19 15.58.39

2017年1月27日発売予定の
『アコースティック・ギター・マガジンvol.71』では
巨匠、トニーニョ・オルタさんのインタビューを敢行。
撮影中に弾いてもらった感じが良かったので、
動画に撮らせてもらいました(そう、取材中の様子です:ご本人にその場でOK取りましたw)。

インタビュー本編とあわせて、こちらもお楽しみ下さい!

トニーニョ・オルタ:
1948年12月ブラジルの南東部に位置するミナスジェライス州生まれのギタリスト,シンガー/ソングライター。実母の手ほどきでギターを始め,69年発表のミルトン・ナシメントの3rd『ミルトン・ナシメント』にオルタ作曲の「アキ・オー!」が収録されて注目されてからは,ジョイスやガル・コスタらブラジル勢との共演の他,ハービー・ハンコックやウエイン・ショーターらアメリカのミュージシャンたちと交流を深める。一方ソロ活動も70年代に始めており,ソロ2nd『トニーニョ・オルタ』はパット・メセニーがゲスト参加したことで一層の注目を集める。以降はソロ活動の他,さまざまなミュージシャンとの共演やプロデュース/アレンジ,さらに映画音楽などにも携わるなど,幅広く活躍している。